CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 国営放送に大量の批判がでてるけど、長いCMを流すのも何とかならんか?

<<   作成日時 : 2005/01/10 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

競馬ネタばかり書いてるので、たまにはほかの事もいれたいのだが、現状はどうしても文句タラタラになってしまう。

その1つとしては、昨年来の国営放送の件。

国民から受信料を取って、そのゼニを飲食費とか別件に充てて、ばれても会長の「海老ジョンイル」(←うまいね、週刊誌のこの見出し)は辞めずに逆切れして開き直り、職に居座る。それは確かに道義的責任はあり、批判されるのは当然。

退職金なんぞ払ったらそれは、許さざることである。

ただこれは、実質的に現場にはほとんど責任はないのではないか。

ばれてないだけで、似たようなことを民放でもやってることでしょっていいたい。
というよりも、それよりもひどいことしてるでしょ。

・1時間番組だが、CMを必要以上に入れて30分番組を1時間まで引き伸ばす。
・CMの前後の内容を被せる。
・1回のCMが3分くらいある。

そんなテレビを生(放送通りの時間)で見ることがあまりにも無駄に感じる今日このごろ。

先日、ビデオで済ませたら1時間番組が40分弱で終わった。
最近は、年末年始の長々とした番組ばかりで、どこの局もだらだらとやってる傾向があるけど、特にひどいのが大晦日の格闘技中継を5時間40分もやってたとこ。み●も●たのクイズ番組なんて論外。問題の時間よりも、み●の顔のアップの時間の方が長いんとちゃうかなぁ?

それに比べりゃ、国営放送はCMの「逃げ」がきかないからまともに60分番組を作る必要がある。11時くらいからやってるドラマも見ると結構充実してるよ。出てるヒトは時々疑問を感じるけど。
皆さんってどうかんがえてるんでしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
国営放送に大量の批判がでてるけど、長いCMを流すのも何とかならんか?  CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる