CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の東京地裁判決について 短観

<<   作成日時 : 2005/03/11 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ニッポン放送の新株予約権差し止めを巡って、ライブドアの主張をほぼ全面的に認める判決が出た。
これについては、当然というのが感想。

別にホリエモンを応援しているわけではなく、どちらかといえば嫌いな部類に入るヤツなのかもしれないこと、どの企業がどうなろうと構わないし、ライブドアがつぶれようが、フジテレビがホリエモンテレビとなろうが、どうだっていい。ってことは事前に明記しておきたい。

今回に関しては、ライブドアの言い分よりも、フジテレビやニッポン放送側の主張があまりにもおかしく、彼らがいかに時代遅れであり、株主を無視し、法に対する理解がないかを白日の下に晒した「すばらしい」行動である。

株取得の時間外取引は違法ではないか?といっているが、政治が「今後規制する」方向で検討しているくらい。これは裏を返せば「今は規制していない」ということであり、当然合法。

それを違法だなんていっていること自体が自らの権利執着と法に関する無知の露呈であり、判決にもあったが、自身の地位に執着しているとしか見受けられない。

さらには、ニッポン放送は、時間外取引で得た株の名義書き換えを拒否する、なんて言っているが、「合法的に取得した」株を得た筆頭株主の意見を聞けない株式会社なんて聞いたことがない。

というよりも、それがわかっていないのに株式会社を立ち上げ、上場しているという時点で、企業としてのレベルが見える。子会社が最大株主という時点で狙われるのは、株を知ってれば当然で、以前にも書いたが、フジテレビが無策だっただけ。

非上場レベルの会社だしね。所詮ニッポン放送って。

ま、司法は良識の府(でしたっけ?)であることをきっちりと示したことだけは評価したいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。

今回の地裁判決に対する書き込み勉強になりました。
ありがとうございます。
この出来事には興味はあったんですが、何分にも不勉強で
あまり内容を理解していませんでした。

これからも遊びに気ますのでどうぞよろしくです。m(_ _)m
ちょっぱー
2005/03/12 12:37
今日の東京地裁判決について 短観 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる