CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 強く出れない日本政府に物申す

<<   作成日時 : 2005/04/09 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

教科書検定でとやかくニュースに出ているのであえてひとこと。

竹島、尖閣諸島、靖国神社等中国や韓国がいろいろいっているが、
すべて内政干渉にあたるということをわかっているのだろうか?

また、北方領土は無条件返還をしなければいけないということをプーチンはわかっているのだろうか。
現在の北方領土 これを占領というのである。

これらの出来事を外国の批判が大きいから、などといっているようでは国際関係の理解力がまったくないということを自白しているようなもの。

新しい信頼関係を築く・・・・・・というのならば、中国や韓国の教育がどうなっているかを勉強してからいうべきものである。

だいたい中国や韓国は子供に反日教育をしているんだから。

一度、自国の教科書や学校がどうなっているか見てからいうべきじゃないんかな。

また、国連安保理(入らんほうがいいとは思っているが)については、中国が反対するのは当然。

アジアでトップのポジションにいたいという相手の戦略的思考があるんだから。
これを誤魔化すために歴史が云々ってことを言っていると考えるべきであろう。

ちなみに、中国4000年の歴史なんていっているが笑止千万。

だいたい国を治めていた民族(モンゴル民族とか漢民族とか)が違う時代があるのに、何でいえるのだろう?
土地あればすべていいというのならば、エジプトなんて何年になるんだ?

それよりもアメリカのやった核兵器投下。
あれは大量虐殺であるとはっきりいえない連中も情けないね・・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
強く出れない日本政府に物申す CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる