CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 携帯の発達と人間の手抜き

<<   作成日時 : 2005/04/26 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近は電車内で携帯を使う人を見ないことがない。
よくぞまあ、ああも飽きずにやれるものだと見てて感心してしまう。

ちなみに私のケイタイは半分は馬券購入用で、必要以外には使わないし、ひどいと電源を落としているときもある。

カメラ。

一応ついてるものを持っているし、画素数も多いものなんだけど、めったに使わない。
動くものなんぞ、とってもぶれてるだけってことが多かった。

それ以来、本気で撮ろうと思ったらデジカメに変わっていた。

着メロとか着うた。

メロはそれなりにあるけど、ほぼ終日マナーモード。
そんなに鳴らないこともあるけど、いつかしら毎朝の「悪夢のモーニングコール」以外で音を聞いたことがない。

宣伝中の「おさいふケイタイ」。
落として拾われて悪用されたらって考えると、「ケイタイでピッ!」となんてやってられん。

たいがい、いくら使ったかわからなくなるから、クレジットカードすら使わないのに。

リモコン化計画。

こんなのできると、便利にはなるんだろうけど、いったいどこまで、人間の手抜きを進めさせれば気が済むのだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
携帯の発達と人間の手抜き CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる