CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 石原慎太郎 沖ノ鳥島で潜る

<<   作成日時 : 2005/05/20 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

東京都知事の石原慎太郎が沖ノ鳥島へ行き、海に潜った。

ここは無人島で公共交通機関がないため普通は行けないが、沖ノ鳥島は東京都の管轄であり、行った知事は初めてではないだろうか。(違っていたらスミマセン)

彼については、発言がとやかく言われているが、言っていることはほとんど正論。
(ババア発言は問題だったとは思うが……)

下手な総理大臣経験者よりもはるかにマシなことを言っている。

ちなみに、中国がここを岩だと主張する。

確かに外見上は否定しないが、国際法に基づいて認められているわが国の立派な領土であり、言ってること、やってることは至極当然。

それを、ただの内政干渉だとなぜ日本政府は言えないのか?

その弱腰さは理解できない。

総理大臣の靖国神社参拝も然り。

なぜ、外国が辞めるように文句をいうのか?
ただの内政干渉である。

教科書になぜ文句をつけるのか?

自由主義国であり、検定をきちんと通したものならば、問題はないはずだ。

日本が中国や韓国の教科書を見て、間違っているといちゃもんつけたら、中韓は文句をいうだろう。
それと同じ。どうみても教育と発想がおかしい。

ちなみに、日韓基本条約、日中平和友好条約の両条約において、過去のことはクリアされているということは理解すべきライン。

日本という国が外国に対して毅然とした対応ができないのが、見てて情けなくなってくる。
アホな役人や国会議員が国を潰さないか心配にもなる。

(年金で半分潰してるというのは事実)
(ちなみに30歳未満の学生やフリーターの方は申請をすると、収入によりますが、年金の支払いは免除されます。)

日本政府に関しては、先日の中国のデモへの対応でちょっとはマシになったかな?とは思うが、中国がどういう教育を国民にしているかはあの件で一目瞭然となったのではなかろうか。

だいたい、大使館に投石するのを警察が笑ってみてるような国だっていうことを。
普通の国ならないよ。あんなこと。

それについて、なぜもっと強く出れないのだろう?

今日、テレビを見てて何気に思った。

明日の新聞の社説を読んでみたい。彼の行動を見た新聞社がどういう見方で出るかがか楽しみ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国何するものぞ!久々慎太郎登場!!
久々のご登場!舞台は「沖の鳥島」。反日デモの際にも「音無しの構え」でどうしたのかなと思っていましたが、ついに登場してきました。4月28日に「沖ノ鳥島が日本の経済水域であることを強く実証して、中国なんぞには余計なことを言わせないという、そういう姿勢というものをあそこでとっていきたいと思っております。」と沖の鳥島訪問を表明し、昨日実現したわけです。また「魚礁を作れば、漁業のプラスになる。足場を組めば発電の機械も置けそう。あれは島だよ、ちっちゃな島だ。文句あるか」とも。挑発?された中国、早速新華社... ...続きを見る
ヨン様の南中山教室!
2005/05/21 12:39
石原慎太郎 沖ノ鳥島で潜る CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる