CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS ナベツネ復帰・・・・・・「過去の清算」は済んだのか?

<<   作成日時 : 2005/06/08 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ナベツネが巨人の会長に復帰するらしい。

自分が戻らなければ巨人は強くならないと思っているのかな?

しかし、戻ったくらいで巨人が強くなったり、テレビの視聴率が上がったりするわけは無い。

さらには、一昔前に「巨人が優勝すれば、日本の景気も回復する」などといっていたが、日本の景気も巨人の成績とは無関係なので、彼が「寝ぼけたジイさん」であることは間違いない。

親会社(読売新聞)そのものは、ある程度わかっているのだろう。

「巨人戦ではメシは食えない」と。

そうでなければ、ヤンキースタジアムのライトフェンスに「読売新聞」と広告は出す必要はなく、東京ドームのフェンス全面に張って置けばいいはずだ。

本題に帰る。
その「寝ぼけたジイサン」がオーナーに戻る(戻す?)、戻らないは球団の好き勝手だが、果たして、去年オーナー職を辞したきっかけは何だったのか?ってことを再度、考えたい。

「たかが選手」という天狗極まりない発言に伴うバッシングと、一場(現楽天)への栄養費支給の発覚が問題ではなかったのか?

それらのことが、半年かそこら辞めていたくらいできちんと清算されているとは到底思えないし、世間も誰もそう見ないだろう。

反省の色はなく、「すべてやったことは正しいのだが、世間の目が気になったので一時的に辞めました」とでも思っているのではないだろうか。

それならば、傲慢以外何者でもなく、そういった輩が野球界を仕切ろうとするのならば、ますます野球の人気は低迷するだろう。

日本の野球界がマイナーリーグ化しないことを願うばかりだ。

---------------------------
今日、楽天に勝ってドラゴンズ5連勝!!!。

「このチームは50試合を超えたら走り出す」
50試合目は福岡でのホークス戦だったが、それ以降、チームの成績はよくなっている。

硬直した先発メンバーには疑問があるが、落合のコメントは、どこかの監督と違って、いかにチームを把握しているかがわかる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ナベツネ復帰・・・・・・「過去の清算」は済んだのか? CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる