CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 強度偽装建築物について   自己保身と甘い発想しか見えない。

<<   作成日時 : 2005/11/30 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近のテレビ、新聞を見てもこの話題が尽きることはない。
恐らく、売主3社が全社ツブレルか、完全に終了するかのどちらかまではほとぼりはさめないだろう。

いろんなところが釈明に追われているが、みんな自己保身と責任のなすりつけ。

自分は被害者だ、っていっているけど、一般的には考えられない。

身の保身に四苦八苦している姿が見える。

で、思うには、間違いなく、裏でゼニが動いてるはず。

だってさ、あの建築士さん、羽振りよさそうには全く見えないのね。
それなのに、あれだけの数の建物の構造計算を依頼されるってことは何かあるんでしょ。

ある日いきなり、偽造が白日の下に晒されたってのも何かおかしいですよね。
何か裏があるんじゃないかなって考えてしまいます。

------------------------------------------
で、最も影響が大きいのが、マンションの住民とホテルのオーナー。
建築されてからそれほど経っていないのに、解体せざるを得なくなる。
しかも、初歩のごまかしが元で。

ひどい話です。

当然、損害賠償の請求となるでしょう。

(最終的にどうなるかはわかりませんが。)
---------------------------------------
しかし、公的資金を入れろと馬鹿なことをいっている輩には呆れた。

ちょっと「住民への影響」を出すことで、公的資金を引き出そう、できなければ、倒産させてサヨナラっていう思惑が見える。

「自分の会社=銀行レベル」と思ってるんですね。
関係者の方には申し訳ないけど、あっているのは、モラルの低さと態度のデカサだけです


とはいえ、そんな企業に公的資金なんぞ出す必要はない。

そもそも金融機関に出したこと自体がおかしいのだから。

-------------------------------
これで1つわかったことがある。

マンションは分譲では買えない!!!!!!ってこと。

これによる風評被害が発生して損害を受けたといって、他のマンション販売会社が訴えたりしたら面白いでしょうね。

(ですが、これは無いと見てます。というのは、どこもやってることだと思うから。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
強度偽装建築物について   自己保身と甘い発想しか見えない。 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる