CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 審判によるきちんとした場内説明が必要では?

<<   作成日時 : 2006/07/05 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

今日の巨人−中日戦。

ドラゴンズファンということもあって、日頃は巨人戦は見ないのですが、今回は別。

帰って、テレビをつけたら落合監督の猛抗議。

6回ウラ、1アウト1,2塁。センターフライでランナーが3塁へタッチアップ。

このときのタッチアップが早かったのではないか、ということ。
そしてアピールプレーをしたが、その判定が曖昧な形になった審判に対しての抗議だった。

(リプレイ出てましたが、早くなかったかな(^^;))

で、選手をベンチに引き上げさせて再度、猛抗議。

判定が覆ることはなかったが、最終的に審判が場内に説明したのは「監督を退場にする」

(セ・リーグでは、選手をベンチに引き上げさせることは退場行為になるようだ)

え、それだけ?????

「何に不満があって、抗議したのか」ってことに対する説明が全くない。


これで、球場に行ったファンは納得するのだろうか?

相撲でも審判が説明する。これを野球でもすべきではないだろうか。
中断するくらいだから、説明しないといけないのでは?

-------------------------------------------------
今日の試合は、その後再開された2アウト1,3塁をゼロに押さえた時点で中日が勝つだろうと見た。

理由は2つ。
試合再開前に円陣を組んだこと(おそらく事情を説明していたのだろうが、イニング途中でのピッチャー交代時には必ず自分が行くように、その点はきっちりとやってるのだろう)

そして、ゼロに押さえたこと。

結果は逆転だったが、その通り。

でも、もし、巨人が勝っていたら、中日が「審判の判断ミスで再試合を要求する」なんてことになったかもしれない。

そのとき、巨人はどうするのだろうか。

まさか、過日のロッテ戦にように、負けゲームだけ文句を言って、勝ったときは知らん顔なんてことはできないはずだ。

------------------------------------------------
アンチ巨人ということで、あまりいいことは書かないが、1つ。

その抗議での中断中、選手がグランドに出てる間は一切鳴り物の応援等をしなかった。
これは評価したい。

騒ぎ立てないことで、抗議中という緊迫した時間を球場内に与えることができたのではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
監督退場に発奮?
鮮やかな逆転勝利で連勝。佐藤充は連続完投更新とはいかなかったものの、7回を1失点に抑え7勝目。 ...続きを見る
ケムスポ管理人日記
2006/07/05 22:44
“タイロン・ウッズ逆転打!Gに連勝!”’06年7月5日試合結果
●読売1−2中日○(佐藤充7勝目!6試合連続完投勝利はならず)  2006年7月5日(水)東京ドームで読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦11回戦が行われた。中日の先発は佐藤充、読売の先発はパウエルで18時00分試合開始。  巨人パウエル、.... ...続きを見る
DRAGONS★VICTORY
2006/07/05 23:48
審判によるきちんとした場内説明が必要では? CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる