CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS どうなる?北越製紙TOB

<<   作成日時 : 2006/08/02 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

王子製紙による北越製紙への敵対的TOBが始まった。

----------------------
 北越製紙は2日午前、臨時取締役会を開き、王子製紙から受けた敵対的TOB(株式公開買い付け)に対抗するため、買収防衛策の発動の是非について中立的な独立委員会に検討を諮問することを決めた。委員会の結論を得て防衛策が発動される事態になれば、王子は差し止めを求めるなど法的な対抗措置に踏み切る構え。双方の買収戦はTOB初日から激しい展開を見せようとしている。

 北越は午前の取締役会で王子の敵対的TOBに反対する決議をした。そのうえで、買収防衛策を発動するため社外監査役ら3人で構成する独立委員会に発動の是非の検討を諮ることを決めた。同時に三菱商事に対する第三者割当増資は予定通り7日に実施することも確認した。

--------------------以上 NIKKEI NETより引用

TOBが成功すれば、「新潟の北越の新工場を手に入れることで、低コスト経営とシェアの拡大に繋がる」と王子側にとってはいいことづくめのように見えるが、

王子の発表を、ド真ん中に直球を投げる形で書くととこうなりませんか?。

「低コストでウチは経営ができませんし、今の工場はポンコツで高コストです。
そして、いい工場をつくる能力がありません。

ですから、経常利益も上げられず、シェアも拡大できません。

現状打開にはゼニの力が必要です」


ゼニの力で解決しようという意気込みが見えますね(笑)

でも、同業他社が訴えて公正取引委員会でひっかかる可能性も否定できません。

とはいえど、北越も北越。

「自主独立路線を貫くことで株主価値を高めることができる」とはどういうことだろうか。

そのメリットが具体的に見えないと、独立路線を否定されてしまうかもしれないし、第3者割当増資が法律ではスレスレらしいですね。


さて、結果はどうなるのでしょうか。

個人的には失敗すると見てますが、こればかりは大株主の腹1つですね。

こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ

TOB・会社分割によるM&A戦略―企業再編への新経営手法
TOB・会社分割によるM&A戦略―企業再編への新経営手法

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
王子製紙TOB
数日前に北越製紙の株を @790 で購入し、王子製紙の動向を見ていました。 北越製紙 経営陣や労組の反発、そして三菱商事の態度を見ていると、無理にTOBをしても 王子製紙はうまく北越製紙を取り込むことは難しいのではないか → TOBは無いかな、、、 と思い、そろそろ損切.. ...続きを見る
お金をこよなく愛す・・・
2006/08/03 01:29
どうなる?北越製紙TOB CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる