CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 禁止薬物検出〜ディープインパクト(記事等修正あり)

<<   作成日時 : 2006/10/19 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 0

凱旋門賞から帰国して中3週で天皇賞出走予定だったディープインパクトから禁止薬物が検出されたそうです。

------------以下 netkeiba.comから引用-------------
 JRAは19日、1日の凱旋門賞(仏G1)で3着に敗れたディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)の理化学検査で、馬体から禁止薬物(イプラトロピウム)が検出されたと発表した。フランスの競馬統括機関・フランスギャロから報告を受けたという。

 JRAはこの件に関し、同日午後6時から会見を行う。

 同馬は4日にフランスから帰国後、東京競馬場で着地検疫中。今年一杯の引退が発表されており、出否未定ながら、29日(日)に行われる天皇賞・秋(GI)に向け調整が進められていた。

-------------引用 以上-----------------

そのイプラトロピウムというのは、(ググってみました)

臭化イプラトロピウムというのが正式名称らしく、

抗コリン薬で、気管支平滑筋の収縮を抑制するので、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫に基づく呼吸困難などの諸症状の緩解に用いられる。また、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎などにも用いられることもある。

だそうです。

今夜の会見で見定めることになりますが、これで天皇賞秋どころか、下手したら出走制限なんかを受けてしまい、現役生活そのものもアウトかもしれませんね……。

------------------------------------
と、最初(2006/10/19 17:43公開)には派手に書いてしまいましたが、

このネタの一部で間違っていたことが判明しましたので、訂正させていただきます。

凱旋門賞に出走したディープインパクトから禁止薬物が見つかったのは事実でしょうが、

このイプラトロピウムは、日本では禁止薬物ではありません。

あとで調べてみたら日刊スポーツのサイトには、日本国内での使用は禁じられていないとの旨が記載されていました。

いくつかのネット記事をあたってみましたが、日本での使用可否について書いてあるものは少なかったこともあり、日本国内でもアウトになるものを使っていたのではないか?と思ったので早合点した形で書いてしまいましたが、やはり慎重に書かなければいけないということなんでしょうね……。

ちなみに、共同通信の記事では
--------引用---------------
日本中央競馬会(JRA)は19日、凱旋門賞(1日・ロンシャン競馬場)で3着だったディープインパクト(池江泰郎厩舎(きゅうしゃ))の理化学検査で、禁止薬物のイプラトロピウムが検出されたと発表した。フランスの競馬統括機関であるフランスギャロから報告を受けた。
 JRAによると日本国内のレースには出走できる。凱旋門賞の失格など処分についてはフランスギャロ審査委員会が馬主、調教師を召喚して決める。
 理化学検査はドーピング(禁止薬物)検査に相当するもので、イプラトロピウムは気管支の拡張作用があるとされる。同馬はフランス滞在中にこの薬物を使った治療を行ったという。フランス競馬では禁止薬物に指定されているが、JRAは禁止していない。

-------引用以上------------

ですから、現状では天皇賞の出走には問題はなさそうですし、この馬が日本国内で刻んだ成績にも影響はないでしょう。

ただ、イメージは悪いよなぁ……。

引退が早まるのではないか?という声もありますが、
そうではなくて、汚名返上の意味合いもかねて、やはり来年はエルコンドルパサーのように「海外限定」で走らせるということでどうでしょう?

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドーピング
ディープインパクトから禁止薬物−凱旋門賞の理化学検査で <競馬>ディープインパクトから禁止薬物検出 日本中央競馬会(JRA)は19日、凱旋門賞(1日・ロンシャン競馬場)で3着だったディープインパクトの理化学検査で、& ...続きを見る
徒然なるままに・・・
2006/10/19 17:53
ディープインパクトのフランスにおける禁止薬物問題について
まずはnetkeiba.comにあった記事を拾ってみる。 ...続きを見る
stay_gold.com
2006/10/19 19:22
ディープインパクトが禁止薬物!
 驚きのニュースです。 ディープインパクトが凱旋門賞の時の理化学検査で、禁止薬物のイプラトピウムが検出された事を、本日19日、JRAが発表しました。 何でもフランスギャロ(フランスの競馬統轄機関)から連... ...続きを見る
こんなのアリ?
2006/10/19 20:34
ディープインパクトから禁止薬物検出
仕事からの帰宅途中、M単からの知らせがあった。 今週の指定レースの告知かと思いきや、なんとディープインパクトから禁止薬物が検出されたというものだった。 ディープインパクトから禁止薬物検出 ...続きを見る
ネギ背負ってきました
2006/10/19 21:14
ディープインパクトから禁止薬物~凱旋門賞の理化学検査で
日本最強馬。 馬に罪はない。 しかしディープインパクトにダーティーなイメージがついてしまったらそれは汚点だ。 検査の間違いであってほしい。 ただ、この薬物は日本では禁止ではないという話もある。 凱旋門賞の着順はどうなるのだろう。失格になってしまうの.. ...続きを見る
本間甲斐奈のサラブレッドの心
2006/10/19 22:08
ディープから禁止薬物?!
このニュースを聞いて、思ったのは 「やられた!」 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2006/10/19 22:39
ディープインパクトに「薬物禍」?
 9時からやってるNHKのニュースで知ったのだが、果たして・・・ ...続きを見る
Re:F's blogroom
2006/10/19 22:43
ディープインパクトから禁止薬物!?
今日19日、JRAより凱旋門賞3着に入ったディープインパクトから禁止薬物である「イプラトロピウム」が検出されたと、フランスの競馬統括機関フランスギャロから報告を受けたという発表がありました。 ...続きを見る
まっくのまっくりスポーツ日記
2006/10/20 00:18
競馬 ディープインパクト 馬体から禁止薬物検出
ディープインパクトから禁止薬物が検出されたようです。 ...続きを見る
ふじよしの競馬日記
2006/10/20 00:58
何があった?ディープインパクト!!
夕方からNHKでも放送(凱旋門賞を中継したから当然か)していましたが、真相はどうなのでしょうか? ...続きを見る
馬球1964
2006/10/20 06:10
ディープインパクトから禁止薬物
昨日フランスから凱旋門に出走したディープインパクトから フランスで禁止の薬物イプラトロピウムが検出と発表された ...続きを見る
スポーツ瓦版
2006/10/20 10:07
[ディープ]ドーピング?誰が?
この世界にこういうことがあるとは知りませんでした。しかし、確かに誰がどうやって、というのは謎ですね。 ...続きを見る
BBRの雑記帳
2006/10/20 21:28
深い衝撃=ディープインパクト
ディープインパクトに禁止薬物が発覚。 深い衝撃の結末は、悲しみの衝撃だった。 ...続きを見る
JRA未来予想図BLOG
2006/10/21 10:46
禁止薬物検出〜ディープインパクト(記事等修正あり) CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる