CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成19年競馬番組発表

<<   作成日時 : 2006/11/14 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日程ごとの詳細は出ていませんが、来年の競馬番組が発表されました。

大きな変更点はありませんが、変更点をいくつか。

1.フェブラリーS、福島牝馬S、有馬記念の国際化。
  これで、古馬は小倉、札幌、函館開催と中日新聞杯を除く全重賞が国際化。

2.阪神の重賞で距離変更
  毎日杯、ローズS 2000→1800
  神戸新聞杯 2000→2400
  シリウスS ダ1400→ダ2000
  
  その他
  紫苑S 1800→2000

3 ダート別定重賞の別定規定変更
4.クラシック マル外の優先権競走拡大
5.来年の開幕となる東西金杯は1月6日(土)。

  1回京都、中山が7日間開催  
  4回京都、東京が9日間開催。
  ちなみに、噂されていた福島の変更はなし。

6.3歳未勝利戦の減少  10月開催の3歳未勝利戦はなし
  9月の札幌、中山、阪神開催は出走条件付に

7.来年の天皇賞(秋)は4回東京「9日目」という前代未聞の設定に。

-----------------------------
短観
フェブラリーS、有馬記念の国際化は予想通り。

瞠目したのは神戸新聞杯の2400m化と阪神改装で新設されたダート2000での重賞施行。

おそらく、一昔前のキンカメやクリスエスのような神戸新聞杯→天皇賞秋の路線の排除が目的だったのでしょう。

あと、ダート2000の重賞ができるのはうれしいことですが、
すぐ前にダート1700のエルムSがあるのに、そこでやってどうするの?

ま、こんなところでしょうか。

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
平成19年競馬番組発表 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる