CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS ネタの尽きない(?)学校関係のニュース 個人的見解を。

<<   作成日時 : 2006/11/05 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野球、競馬以外のニュースのネタを書くのは1月半ぶりとなりますが、久々に書いてみます。

未履修科目の存在、中学校でのいじめ、パワハラでセンセーの自殺等、話題が尽きることのない学校ですが、個人的見解を。

1 未履修科目の存在

当然、あってはいけないことではないでしょうか?
補修の時間が云々という話題がありました。

生徒に非はないというのはわかってますが、

受験が近いから減らすことばかり考えていたようですが、普通に受けてた他校の生徒との違いはどうするの?ってことを考えるべきでしょうね。

ある意味、必要科目以外はやっていないわけですから、それまでの「逆ハンデ」を与えられているわけです。
そういったことを加味して検討してほしかったですね。

ま、そういった学校の担当者は校長から全員クビにすべきでしょう。
ちなみに、人事権を持つ担当者も然りです。

そうなることがわかってたはずですから。


2.いじめについて

生徒のみならず、パワハラを受けたといってセンセーまで自殺してしまいました。

これ、対処の問題ではないでしょうか?
「やるほうにも、やられるほうにも問題はある」 というのがウチの見解です。

しかし、教員の資質が低下し、おまけにこれを対処することができる人が学校側にいなくなっていることが大きいですね。

ですが、センセーの自殺については、騒ぎすぎではないでしょうか?
だって、民間企業でそういったことって起きているわけですから。

学校だから記事になったと考えられますよね。

でも、圧力をかけることしかできないという、学校関係者の能力のなさは糾弾されてしかるべきでしょう。

3.教員のモラルって

援助交際とか、変態教師が増えたとか出てますが、これも上に書いたように教員の資質が低下しているのは事実でしょう。

いいかげんなセンセーなんていっぱいいますから。

ですから、教員免許の期限設定には賛成します。
無能な輩を排除することも必要でしょう。

で、さまざまな問題があると「学校の先生が……」なんて形で出てきます。
騒ぎすぎという感覚もありますが、「教える」という立場に立っている以上、これは仕方ありません。

ですが、親の資質も低下していることは付記しておきます。

電車とかでケリいれてやりたくなるような親子連れっていっぱいいますから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ネタの尽きない(?)学校関係のニュース 個人的見解を。 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる