CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 廃止から一転、岩手競馬存続へ

<<   作成日時 : 2007/03/21 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

先週末は廃止論議が出ていた盛岡、水沢の岩手競馬。

しかし、20日の県議会で一転して存続が決まった。

岩手競馬の存廃を巡っては、運営母体の県競馬組合が抱える330億円の累積債務を軽減するため、県が組合などに約297億円を融資する補正予算案が15日の県議会で否決され、いったんは廃止方針が決まった。

 しかし、地元に競馬場を抱える盛岡、奥州の両市長が、それぞれ10億円ずつ負担することを表明。これを受けて、県の融資額を20億円減額した修正案が19日の臨時県議会に議員提案で提出され、わずか1票差の賛成多数で可決された。

 県競馬組合は20日、来年度のレース実施経費を盛り込んだ予算案を可決し、正式に存続が決まった。

(読売新聞より)

正式に存続が決まったとはいえ、最初の補正予算案が賛否同数で議長決着により否決。修正案が可決されたとはいえ一票差。

まさに薄氷の決着だが、存続は正式に決まった。
--------------------
ちなみに、今週の週刊競馬ブックには、
「競馬開催に反対しているのではない」
「パフォーマンスばかりで外にしか目を向けない」などという現知事の姿勢を批判する声も掲載されていた。

知事の評判が県議にはよくなく、おまけに来月で任期切れ。

そういったことも伏線としてあったかもしれないが、政治に絡めて欲しくはなかったですね。

ただ、存続したから続けられる……というのは今年だけの話かもしれない。
というのは、知事が4月で任期切れで交代する。
誰に代わるかということも1つの課題となるでしょう。

今年、議会で話題になったから来年はない、とはいえません。
状況が悪ければ即座に話題になるでしょう。

現状では多額の負債があるようですが、その債務を少しでも減らしていく形での経営(運営)が求められます。
「役人競馬」では、遅かれ早かれこの話が再燃することが考えられますね。
-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岩手競馬、一転存続
岩手競馬、一転存続へ &nbsp; 県議会が融資の修正案可決  岩手県議会は19日夜の臨時議会の本会議で、岩手競馬存続のため超党派の議員が提出した岩手県競馬組合(管理者・増田寛也知事)への融資を20億円減額し277億5000万円とする2006年度補正... ...続きを見る
healthymania's blog
2007/03/21 11:05
岩手競馬
 廃止の危機であった“みちのく岩手競馬”、どうやら存続が決まったようだ。 とりあえず、良かった…。  ...続きを見る
競馬SevenDays
2007/03/22 00:33
一転存続も・・・
岩手競馬、増田知事が存続決定…廃止方針から一転[YOMIURI] 岩手競馬喜びの再始動[YOMIURI] 岩手存続で関係者「うれしい」[スポニチ] ...続きを見る
気の向く馬馬
2007/03/22 19:24
廃止から一転、岩手競馬存続へ CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる