CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 雇用保険料率の低下と労働保険料納付期限の延長

<<   作成日時 : 2007/04/23 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近は(といってもいつものことだが)競馬と野球、ときたま日記とニュースというスタイルでブログを書いてますが、「一応」社会保険労務士でもあり、関連したニュースを1つ。

料率改定は知ってましたが、噂だけでは書かないことにしてましたので、遅くなりました。

今日の朝刊にデカデカと出てましたが、
雇用保険率が下がり、労働保険料の納付期限が延長されます。

大まかな点は2つ。
1. この4月1日に遡って、雇用保険率が下がります。

 19.5/1000 → 15/1000(一般)
 21.5/1000 → 17/1000(農林水産、清酒製造)
 22.5/1000 → 18/1000(建設)


 被保険者(いわゆる労働者)負担分は以下のとおりに変わります
 8/1000 → 6/1000(一般)
 9/1000 → 7/1000(農林水産、清酒製造、建設)


2. 確定保険料の提出、概算保険料の納付期限延長

 5/20 → 6/11

これによって、給料も雇用保険料率の負担分が下がった分、1000分の2という微々たる額ですが天引きが減ることになります。


果たして、私が勤めている会社の給料計算の担当者はわかってるんでしょうか……。

------
といっても、今回は厚生労働省のチョンボで雇用保険料率改定の法案成立が遅れたので、これは当然の措置ですね。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
雇用保険料率の低下と労働保険料納付期限の延長 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる