CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇賞(春)観戦記

<<   作成日時 : 2007/04/30 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

エアメサイアが勝った一昨年の秋華賞以来、1年半ぶりにGTをライブで見てきました。

前回の秋華賞は思ったよりも空いていたのですが、さすがに天皇賞。

早めの昼食を京都市内で取り、淀に着いたのが5Rの終わった後。
6Rのパドックを見に行ったのですが、その時点でこれだけの人。

さすがに多い……。

画像


去年の毎日王冠も多いと思ったんですが、それは東京。
空いてるであろうレースを狙って京都へ突撃していた今まででは考えられない人数です。

ちなみに、6Rの発走前にビッグスワンの4階からコースのほうを撮ってみました。

画像


その後は6.7.8Rとオッズ見て、新聞見て……と、普通に競馬。

6Rで川田が落馬し、客から「帰れ!」と野次が飛ぶ。
7Rではその川田の騎乗馬がゲート入りを嫌って、実況アナウンサーから
「なかなか入ってくれません。どうやらご機嫌斜めのようです……」なんていわれる始末。

いいところなしですね。

その馬の馬券を買ってないこともあり、妙にほほえましい気分になりながらレースを見てましたが、直線で実馬券の撃沈が判明し気分は逆転。

9Rのパドックで撮影テスト。

いつも写真を撮るときに使っている場所では最前列の一眼の皆様で邪魔になり、撮れそうにない空気を感じたので、秋華賞のときに使った2階のテラスに場所を変更。

(最初の写真では横断幕の上のところになります)

メイチでズームをかけなければいけないことは承知済み。

ただ、何とか撮れそうな手ごたえを感じてから、9Rの発走前に東京メインを含めた天皇賞までの馬券をまとめて購入。
(下手なときに買いに行くと、動けなくなってしまいますし、PATもつながりが悪いですからね……)

その9Rで何とか初的中し、全敗を阻止。
そして、10Rのパドックを見に行くためにさっきの場所へ戻った。
しかし、先客がいて、少し右側へずれることに。

これが失敗。

左へずれるべきだった。

10Rを本馬場で見ると、メインのパドックで場所が取れなくなるので、場所のキープがてらそのまま滞在したのですが、その10R発走5分前のパドックはこんな感じ。

画像


で、メインの天皇賞出走馬が登場。
しかし、予想外の出来事が起きる。

それは、場所取りの失敗がもたらしたものもあるが、日差しが思ったよりも強く、半逆光状態。

黒鹿毛のネヴァブションなんて、角度が悪かったらホント真っ黒。

レースをゴール前で見たかったから、その場所にしたのだが、もう少し左へよればよかったです。

晴れすぎも難しいですね。

ちなみに、メイショウサムソンの写真は予想回顧の記事(こちら)でUPしましたので、ここではデルタブルースを。

画像


コンデジの6倍弱のズームで十分取れます。

さて、肝心なレースですが、結局はビッグスワン2階から無理やり見ました。

ターフビジョンは見えましたが、実際に馬を見れたのはゴール前100mのあたりだけ。

でも、まだ見れただけマシとしましょうか……。

写真判定までもつれたが、勝ったのはサムソンということ、そして審議にもなったが、軸馬デルタブルースが撃沈していたため全くの対象外。

最終レースも当たる雰囲気すら感じなかったので、混む前に帰ることを決意。
天皇賞の配当を見る前に競馬場を後に。
そのせいか、淀からの京阪電車は空いてました。

馬券的な結果は別として、写真も撮れましたし、レースも見れたのでよしとします。

遠征の旅費などは来月の馬券で返してもらおうか……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
京都遠征お疲れ様でした。
私も現地にいたのですが、さすがGWだけあって人が多かったです。
秋華賞、エリザベス女王杯あたりとは混み方が違います。
で、とりあえず暑かったです。

私は香港のアドマイヤムーンのレース映像まで見て帰ったのですが、
けっこうその時間まで残ってる人も多かったですね。
淀まで15分
URL
2007/05/01 10:46
淀まで15分さん、こんばんは。
天皇賞当日はお疲れさまでした。
あの日は日差しが強くて、暑かったですね。
あの人手を見ると、やはり牝馬限定のG1とは訳が違う、腐っても天皇賞(失礼)ということなのでしょう。
CW
2007/05/01 22:15
天皇賞(春)観戦記 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる