CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京優駿(第74回日本ダービー)考察vol.3 ウオッカ

<<   作成日時 : 2007/05/23 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

東京優駿(第74回日本ダービー)考察の3回目は11年ぶりに出走する牝馬、ウオッカを。

この馬をどう見るかで変わってしまう一面を持ち合わせている。

最終的な取捨選択は枠順発表(木曜日午後)次第だが、1つこの馬に有利な歴史もある。

というのは、
ダービーが10R施行となった02年以降、資格賞金1位馬が勝ち続けている、というデータがある。

02年 タニノギムレット 
03年 ネオユニヴァース
04年 キングカメハメハ
05年 ディープインパクト
06年 メイショウサムソン

すべてダービー馬。
今年の出走メンバーで資格賞金1位は牝馬のウオッカ。

(本年ダービー出走馬賞金順位)
1位 ウオッカ 8150
2位 ヴィクトリー 6850
3位 フサイチホウオー 5700
4位 ローレルゲレイロ 5650
5位 アドマイヤオーラ 5100

さらに、ウオッカにはダービー馬となった上記5頭が持っていた3歳別定戦賞金加算歴もエルフィンS勝ちである。

この馬がいなければ資格賞金1位となるヴィクトリーの2冠阻止を目的に出てきたのだろうか……?

-------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第74回日本ダービー(G1)−考察
○ウオッカ >アドマイヤオーラ 11年ぶりにダービー挑戦の牝馬ウオッカ。 3番人気になるであろうアドマイヤオーラ。 ウオッカ    2.3エルフィンS1着(京都・1600m)=タイム1:33.7 アドマイヤオーラ 1.8シンザン記念1着(京都・1600m)=タイム1:35.1 ちなみ... ...続きを見る
いつ何時、誰の挑戦も受けない!?
2007/05/24 01:29
東京優駿(第74回日本ダービー)考察vol.3 ウオッカ CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる