CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金支給漏れ 92-96年の大卒新入社員にも起きる可能性あり

<<   作成日時 : 2007/06/18 09:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝の日経に出てましたが、思ったよりも若年層にまで年金が支給漏れになる可能性が出てきました。

4年制大学を卒業して1992―96年に就職した会社員の大部分で、大学時代の国民年金の加入記録が基礎年金番号に統合されていないことが明らかになった。学生時代に払った国民年金の記録が、就職後に加入した会社の厚生年金の記録につながらず、約5000万件のさまよう年金記録の一部になっている。該当者は社会保険事務所に出向いて手続きをしないと、将来の年金受取額が減ることになる。

91年4月から20歳以上の学生にも国民年金への加入が義務付けられた。収入のない学生に代わって親などが払う例が多かった。この学生が卒業後に会社員になって厚生年金に入ると国民年金とは別の年金番号が付き、二つの年金記録が分断されたままになった。
(引用 NIKKEI NETより)

20歳以上で加入義務が生じる国民年金。
サラリーマンとなり厚生年金に加入したときに、新しい年金番号(年金手帳)を貰って、2つになってしまったケースです。

この場合は、引用文中にも出てますが、社会保険事務所に出向いて年金番号の統合をする必要があります。

97年から導入された基礎年金番号。
その直前に厚生年金に入った人が対象になってます。

現在、サラリーマンの方ですと、なかなか社会保険事務所へ行く時間も取れません。
行っても混雑してますしね。

こちらの記事であるような、「年金個人情報サービス」で調べてみるなどの手続きを取ってみてはいかがでしょうか?

---------
というわけで、こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
年金支給漏れ 92-96年の大卒新入社員にも起きる可能性あり CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる