CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年度、年金加入者に履歴通知

<<   作成日時 : 2007/06/28 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やはり、与党と社会保険庁の考えること。
選挙対策丸出しの政策と、社会保険庁の無能を認めたようです。


社会保険庁は28日、全加入者に年1回、年金保険料の納付実績を通知する「ねんきん定期便」が2008年度に本格スタートするのに合わせて、同年度に全加入者に対し、具体的な加入履歴を送付する方針を固めた。履歴には国民年金、厚生年金など加入した制度の種類や、サラリーマンの場合は会社名なども含まれる。記録漏れ問題に対応し、国民の不安を払しょくするのが狙い。
 ねんきん定期便は、毎年1回、加入者の誕生月に、保険料の納付月数などの実績を通知する仕組み。さらに加入者が35歳、45歳、58歳を迎える時には、具体的な加入履歴を通知することとしており、今年3月から一部先行実施している。
 具体的な履歴がこれらの年齢時に送付されてくれば、加入者は記録漏れがないかどうか自らチェックすることが可能。ただ、与党などから「全加入者に対して早期に履歴を送付し、不安解消を図るべきだ」との声が強まっていることもあり、同庁は08年度、年齢にかかわらずに加入履歴を送付し、不備がないかどうかいったんチェックしてもらうことにした。

(時事通信社より)

これを見て、素晴らしい!と思ってはいけません。

疑問点を見抜くことも必要です。

Q1 まず、なぜこの時期に与党が出したか?

A 選挙に向けたパフォーマンスです。

Q2 社会保険庁に自力で「1年以内に」やらせると某総理は言ってなかったか?

A 1年以内に消えた年金を自分たちの手で消すことができないから。
  つまりは、国民の自己申告として、申告してこないヤツは知らん、とすることも考えられます。

  逃げの手と取られてもおかしくありません。

さて、まずはきちんと送られてくるかどうかが楽しみですね。

---------
というわけで、こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
来年度、年金加入者に履歴通知 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる