CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「珍道中」記事。民主党に他を批判する資格はゼロ

<<   作成日時 : 2007/07/20 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マスコミは傾斜報道がある。

外務大臣の「アルツハイマーの人でもわかる」発言が大騒ぎされていたが、こちらには何の話題もない。

こっちも「祭り」にする必要があるが、メディアは静かだ。

「お詫びと訂正」なんてのがでていたが、まずは原文を掲載したい。

画像


昨日、新潟に行きました。平成の黄門様の渡部恒三代議士を筆頭にして、スケさんの古賀一成代議士、カクさんの私という珍道中でした。新潟市で、地震被災者救援街頭募金活動をやっている黒岩宇洋さん(民主党参議院新潟選挙区候補者)の募金活動にみんなで参加しました。黒岩さんや地元から参加した西村ちなみ代議士は、ビシッと防災服に身を包んでいました。二人とも、地震発生当日に、震災現場に行って、ひどい状況を視察してきた由。黒岩さんは、候補者のたすきをせずに、ひたすら救援募金を募っていました。民主党で集めた募金は、1円残らず現場の救援ボランティア・グループに渡されます。

その募金活動中のことです。一人の中学生が、意を決した如く私の前に寄って来て、「使ってください!」と言って募金してくれました。その額、なんと1000円!降りしきる雨の中、正直言って一瞬涙が出ました。大人でも、100円玉を入れる人が多かったのに。頭が下がりました。新潟の少年よ、ありがとう!あなたは偉い!


まず、このオッサン。ブログのタイトルからして高飛車。

アラジンのつぶやき(衆議院議員末松義規ブログ)ときた。

自分の能力は「魔法のランプ」並みとでも勘違いしているのだろうか?

しかも、新潟に行くのはかまわないが、
自分たちを水戸黄門になぞらえる完全な「上から目線」、おまけに「珍道中」。

視察という名を借りた、売名行為とお遊びだろう。

これ、被災された方が見たら怒り心頭のはずだ。

本人は、
「お気楽な行動であった」との印象を与えかねない点、まずもって、慎んでお詫び申し上げます。深い反省を込めて、早速訂正致しました

と書いているが、反省しているようには見えない。

本気で新潟を心配して行ったのなら、そんな面白おかしく書けるはずがない。

身内が死んだときにウケを狙うか?
否だろう。

常識的に考えても、こういう文面を書くということはお気楽ムード満載。

地震の記事は私自身、書かなかったが、あんな文面では絶対に書けない。

ですから、自称、水戸黄門が経費で行った珍道中。さぞかし楽しかったんでしょうね。(爆)

民主党も他者の批判は立派にしてます。
しかし、他所を批判しても、自分の所がこういったことをやっているのなら全くの無意味。
こういう勘違いしたボンクラ議員を抹殺しなければ、いつまでたっても政権政党にはなれないだろう。

そして、今のマスコミ。
野党議員のこういったことを掲載しないのは情報統制か?世論操作か?と疑いたくなってしまう。

---------
というわけで、こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「珍道中」記事。民主党に他を批判する資格はゼロ CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる