CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京ヤクルト 古田兼任監督退団へ

<<   作成日時 : 2007/09/18 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

クライマックスシリーズ進出の可能性が消えた東京ヤクルト。

古田兼任監督が退団&現役引退する方向のようです。

ヤクルト・古田敦也捕手兼任監督(42)が成績不振などを理由に今季限りで監督を退任し、現役も引退することが18日、分かった。19日に正式に記者会見を行う予定。

古田監督は昨年、南海の野村克也監督(現楽天)以来、29年ぶりとなる選手兼任監督に就任。2年目の今季は開幕から低迷し、17日にBクラス(4位以下)が決まるなど、52勝74敗の最下位に沈んでいる。

球団側は監督専任での続投を要請してきたが、古田監督の退団の意志が固く、慰留を断念した。

古田兼任監督は18年目の今季、右肩痛の影響でわずか3試合の出場で6打数無安打。通算2001試合で2091安打、打率・293をマーク。2年目の1991年には打率・304で首位打者を獲得。2度の最優秀選手(MVP)と10度のゴールデングラブ賞に輝いた。監督では通算122勝147敗3分け。
(サンケイスポーツより)

今年は選手としては右肩痛などもあり不振だったため、来期は監督専任と噂されていたが、故障者続出のチーム事情もあり成績が低迷。

観客動員増を目論んだプロジェクトもあてがはずれてしまいました。

後任は評論家の栗山氏や西武コーチの荒木氏などが噂されています。

ガイエル、グライシンガーが当たりだっただけに、故障者続出のチーム事情(リグスってのはどこ行ったんだ?)が惜しまれますが、デビルレイズに移籍した岩村の穴埋めができなかったこと、さらには後継捕手の育成がままならなかったことなど、課題も多い一年でした。

---------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山本昌、踏ん張れず死に体ヤクルトに敗れる
○ヤクルト3x−2中日●(トラと1.5ゲーム差。CM9) 2007年9月18日(火)神宮球場で東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦22回戦が行われた。中日の先発は山本昌、ヤクルトの先発は藤井秀悟で18時20分試合開始。 1回裏、山本昌.. ...続きを見る
DRAGONS VICTORY
2007/09/18 23:44
東京ヤクルトスワローズ 古田兼任監督が退団を発表・・・
現在、セ・リーグで最下位争いに低迷している東京ヤクルトの古田選手兼任監督が今季限りでの監督退任と、現役も引退しての完全な退団を正式に発表しました。 ...続きを見る
マチルダベイビー!
2007/09/19 22:41
東京ヤクルト 古田兼任監督退団へ CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる