CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS スプリンターズS週中考察 vol.2 セントウルS、高松宮記念勝ち馬との相関関係

<<   作成日時 : 2007/09/27 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週中考察vol.1を書いた後が最終結論……というのもおかしいので、vol.2をこんな視点から。

現行日程になってから7年。
重要なステップレースとなったセントウルSだが、連対馬はこのレースには恵まれていない。

今年はセントウルS2着馬のカノヤザクラが不出走のため、1着馬のみで見る。

セントウルS→スプリンターズSと連勝したのは02年のビリーヴのみ。
しかし、この年のスプリンターズSは「新潟」開催。

つまり、中山開催の年では1度も勝っていない。
ちなみに2着となったケースはない。

セントウルS2着馬が不出走の年は一昨年の05年。
この年はセントウルS組が沈没し、当時ステップレースとなっていたアイビスSDを勝ったカルストンライトオが持っていった。

こうなると、サマースプリントチャンピオン、サンアディユには厳しいデータが並ぶことになる。

一方の高松宮記念1着馬。

過去にスプリンターズSで連対したのは、01年1着のトロットスター、03年2着のビリーヴのわずか2頭。

ちなみに、それぞれの年は「翌年から新馬券発売」という年だった。

来年から新馬券なんて話は全くない。

そうなると、スズカフェニックスにも茨の道が待っている、ということになる。

最終結論は土曜日に。しかし難解……

-------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
スプリンターズS週中考察 vol.2 セントウルS、高松宮記念勝ち馬との相関関係 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる