CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「コロナ製ストーブで灯油漏れ」。よくよく見れば……

<<   作成日時 : 2007/12/11 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

寒い時期になり、ストーブなどの暖房器具を使うことも増えてきました。

(といっても、まだホットカーペットだけですが)

で、今日何気なくネットを見てて見つけた「コロナ製ストーブで灯油漏れ 火災6件」

ストーブメーカー「コロナ」(新潟県三条市)製の石油ストーブから灯油がもれ、火災につながったケースが02年10月以降、6件あったことが独立行政法人・製品評価技術基盤機構(ナイト)北陸支所の調査で分かった。同支所は着脱式の灯油タンクのふたが完全に閉まらない「半ロック状態」になったことが原因とみている。

 同支所などによると、灯油漏れが起こるのはコロナ製品のうち、ワンタッチ式給油口(別名・よごれま栓)タイプ。ピンを引くだけで給油口が開き、手を汚さずに給油できる。給油後は給油口を下にしてストーブに戻す。

給油口を完全に閉じた際に鳴る「カチッ」という音が、半ロック状態でも鳴ることがあり、タンクを戻す際に灯油が漏れる火災が北陸3県で6件あった。今年4月には、石川県の男性が死亡。他にも4人がやけどなどの軽傷を負った。

コロナは05年、ふたを改良するとともに、給油口を強く押して閉めるなどの注意を呼びかけている。該当製品はストーブ本体の側面に記載された型番の最後に「Y」が付されている
(毎日新聞より)

今年は油は入れたけど、まだ使っていないストーブ。
油を入れるときは気をつけているけど、注意してやらないと危ないからなぁ……と他人事で見てましたが、よ〜く考えると去年か一昨年かに買った自分の部屋のストーブがコロナ製。

で、「型番の最後にYがついているもの」ということで、ストーブの右横についているシールを見て驚いた。

画像


型番はFH-M255Y。

ん? Y?

これだよ!(驚)

油を入れたときにキッチリとフタを締めた覚えはあるし、週間天気予報などを見る限り、今週は使わなくてもよさそうなのでまだいいけど、一度再確認する必要がありそうですね。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
「コロナ製ストーブで灯油漏れ」。よくよく見れば…… CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる