CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下弁護士を懲戒請求 この時期にする真意は?

<<   作成日時 : 2007/12/17 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪府知事選に立候補する、といった途端にこれですか……

ガキのケンカか?といいたくなってしまいます。

山口県光市の母子殺害事件をめぐり、弁護団の正当な弁護活動をおとしめる発言をしたとして、近畿地方などの計342人が17日、大阪弁護士会に橋下徹弁護士(38)=同弁護士会所属=の懲戒請求をした。
橋下氏は5月、殺人などの罪に問われた元少年の弁護団に関し、テレビ番組で「許せないって思うんだったら、弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」などと発言した。
(時事通信より)

5月の発言に対して年末に懲戒請求。

懲戒請求するなら、すぐにしろよ!ってこと。

今更何を言ってるのでしょうか。

しかも、知事選に立候補を表明した後という、ある種、絶妙なタイミング。

というか、確実に何かをたくらみ、狙ったんでしょうね。


もし、そうでなければ(知事選絡みの下心がなければ)、なぜもっと早く懲戒請求ができなかったのかを万民が理解できるように説明して欲しいのですが。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
橋下弁護士を懲戒請求 この時期にする真意は? CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる