CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS いつ以来か見ていない2000円札

<<   作成日時 : 2008/01/15 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「日本で現在流通している紙幣は3種類である(旧札除く)、○か×か?」

なんて問題が出たら、思い切り「○」としてしまいそうですが、答えはもちろん「×」。

これを作るくらいなら「10万円札」と「5万円札」を作れ!と言い出したくもなる2000円札。

できた時点から意味不明というか、作る意図は何だったの?と問いただしたくなりますが、流通枚数の少なさを見る限り、作った意義はほとんどなかったようです。

日銀は2008年度も2000円札の新規印刷を見送るようだ。2000円札は2000年に沖縄サミットを記念して発行されたが、各地の銀行の金庫で眠っているのが実情であり、市中流通枚数は少なく、普及しているとは言い難い。「最近、2000円札を見てないなあ」という人も多いはずだ。1万円札など他の紙幣は損耗が激しくほぼ毎年追加印刷しているが、2000円札の印刷見送りは異例の5年連続となる。


5年連続で見送られるのなら、もう終わりですね。

2000円札が普及しないのには、「2」のつく単位の通貨が日本人に親しみがないという背景がある。20ドル紙幣など、「2」のつく単位の通貨が一般的な米国や欧州とは異なり、日本の通貨は1万円札や5千円札など、「1」と「5」のつく単位であるという認識が消費者に浸透している。そのため、2000円札に抵抗を抱く人が多いのだ。


アメリカの真似をして作ったのは何かで見ましたが、日本の文化をわかっていれば持ちたがらないことは読めたのではないでしょうか?

作ろうと言い出した人は鬼籍に入ってしまったので、文句を言いたくてもいえません。
娘にでも言うか(爆)。

また飲食店やスーパーマーケットでも、客が2000円札をお釣りとして受け取ることを嫌がるため、店側が客に出さないことを方針とするケースもあるようで、2000円札は一般社会に供給されることなく銀行に還流してしまうという。このまま2000円札は、使われずに消えていくのだろうか。
(すべてMONEYzineより)

昔、北海道でホテルに泊まったときに3000円のお釣りをもらいました。
しかし、札が2枚しかなくて「1000円足らんよ!」とクレームをつけそうになったのを覚えています。

見たら2000円札と1000円札でした。

この数え方はなじめないな……と思ってましたが、そう思う人は多かったようですね。

その2000円札は珍しさから1枚だけ手元に残してます。
でも、2000円札は恐らく使われることなく消えるでしょうね。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2000円札をお宝に変える方法
使えないものは、リストラされる運命ですね。政府のイベント感覚による発行は、慎んでもらいたいと思います。何がいけないかと言えば、下から上がってきた意見や要望をもとに発行された紙幣ではありません。殆どの方が、2000円札発行の実現を望んでいたわけではありませんからね。需要の無いところに普及されないのは、子供でも分かる計算でしょう。2000円札の発行によって、民間企業やそのスタッフの方々は様々な経費や労力がか... ...続きを見る
日刊☆ニュースオンデマンド!
2008/01/16 15:49
いつ以来か見ていない2000円札 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる