CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 英政府の肥満防止戦略は「ニンジン作戦」

<<   作成日時 : 2008/01/24 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の日経夕刊に出てましたが、ここまで来たか……。

減量に成功した人には賞金あげます−−−−−
英政府は23日発表した「肥満防止戦略」の中で、こんな思い切った方針を打ち出した。
金銭的な「動機付け」が肥満対策に効果的かどうかを確かめるため、ダイエットに成功した人に金券や現金を支給する制度を近く試験的に導入する予定。
(中略)
英政府はまた、肥満対策で新たに3億7200万ポンド(約780億円)を投入すると表明。
@モデルとなる街を「健康タウン」に指定し、自転車レーンなどのインフラを重点的に整備する。
A食品のラベル表示の整備
B学校での料理実習授業の義務化
など幅広い分野での施策を示した。

(日本経済新聞1/24夕刊より)

まさに、ニンジン作戦。
金銭的なものは動機付けにはうってつけですよね。

とはいえ、金券よりも現金のほうがいいですね。
宝くじでもそうですが、「金券3億円」貰っても金券ショップで売る以外、どうしようもないから(爆)

しかし、課題もありそうです。
@ 本人が「このままでいい」と思っている人の割合が多い場合。
  こればかりはどうしようもありません。
  みんなが「やせたくない」といったら、どんなニンジンを下げてもお手上げですよね。

A やせている人から見た反論。
  そんな所で税金を使うなら、別の所に使え!といいたくなるでしょう。

これらのバランスは難しいかと思います。

イングランドでは成年の25%が肥満で、近年の増加傾向が続いたら2050年には太った人の割合が人口の60%になると予想されるそうですが、いったいこれ、どうなるんでしょうね?

結果を見たいですね。

ちなみに、こういった「部分的ニンジン作戦」には反対。
というのは、「太らないように努力している人にはどうするのか?」というのが見えない。

とりあえず、今の自分はこの逆。
体重をちょっと増やさなければいけないのですが、「ストレス痩せ」もあって、なかなか思うようにはいきません……。

ですから、体重の増減って頭で考えるよりも難しいと思いますが、果たしてこのニンジンはどう出るんでしょうか?
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
英政府の肥満防止戦略は「ニンジン作戦」 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる