CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS マクドナルドの店長は管理職にあらず〜東京地裁判決

<<   作成日時 : 2008/01/28 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

管理職は名前だけ……は通用しない判決となりました。

ハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」の店長が、管理職扱いされて時間外手当を支払われないのは違法として、同社に未払い残業代や慰謝料など計約1350万円の支払いを求めた訴訟で、東京地裁は28日、約755万円の支払いを命じた。斎藤巌裁判官は「職務の権限や待遇から見て、店長は管理監督者に当たらない」と述べた。

(中略)
労働基準法は時間外勤務に対する割り増し賃金の支払いを規定しているが、「管理監督者」は適用外になる。訴訟では、同社の店長が管理監督者に当たるかが争点だった。

判決は管理監督者を「経営者と一体的立場で労働時間の枠を超えてもやむを得ない重要な権限を持ち、賃金が優遇されている者」と判断。同社店長について、店舗責任者としてアルバイトの採用や会社のマニュアルに基づく運営など店舗内の権限を持つにとどまり、経営者と一体的立場とは言えないと認定。さらに、品質・売り上げ管理などに加え、調理や接客なども行うため、労働時間の自由裁量性は認められず、部下の年収を下回るケースもあるなど待遇が十分とは言い難いと指摘した。

その上で未払い残業代約503万円を認め、労働基準法に基づきその半額について懲罰的な意味合いを持つ「付加金」の支払いを命じた。
(毎日新聞より)

少し前にコナカでもありましたが、ここだけではなく、どこでもある話ではないでしょうか。

ちなみに「管理監督者」をどう定義するか?
参考 (昭和63年3月14日基発150号)
監督もしくは管理の地位にあるもの……
労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者をいう。

ちなみに「役職名ではなく、実態で判断する」とされています。
職務内容、責任、権限、勤務態様も大切ですが、賃金等の待遇面でもその地位にふさわしい待遇がなされているか、ボーナスなどの一時金等も優遇措置が講じられているかどうかについて留意する必要があります。

また、その優遇措置があるからというだけで実体が伴わなければ管理監督者には含みません。

判断は肩書きだけでなく実体を見ることが求められます。
しかし、課長等の監督者に((肩書きだけ)昇格させて)して残量代を払わない、という方式を取る企業が多くなっています。

(課長に上がって給料が減ったという人、いますよね……)

そこを見たのでしょうね。名ばかりの管理監督者は通用しないということを示した判決となりました。

至極妥当な結果ではないでしょうか。
これを見て慌てる企業、必ずあるでしょうね。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
管理職は賃金も管理職じゃないと/マクドナルド訴訟
マクドナルドの店長は管理職じゃないという判決。労働基準法の41条2項にに監督もしくは管理の地位にあるものについての適用除外についての項目がある。 第41条 この章、第6章及び第6章の2で定める労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。 1.別表第1第6号(林業を除く。)又は第7号に掲げる事業に従事する者 2.事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者 3.監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受... ...続きを見る
勝手に解説 勝手に解決
2008/01/29 01:54
[マクド]店長は管理職ではない
ひとつ前のエントリで実質2000エントリに到達しました。と言っても別に何が変わるわけでもありませんので、引き続きぼちぼちやってまいります。 ...続きを見る
BBRの雑記帳
2008/01/29 21:42
マクド店長 管理職に当たらず
店長、管理職に当たらず=権限店内のみ残業代命じる−マクドナルド敗訴・東京地裁 (時事通信) - goo ニュース ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2008/01/29 22:00
管理監督者
店長、管理職に当たらず=権限店内のみ残業代命じる−マクドナルド敗訴・東京地裁 (時事通信) - goo ニュース ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2008/01/29 22:27
マックの店長判決から見る人間愛の大切さ
注目のマック店長の「管理監督者か否か」裁判判決が出ましたね。やはり管理監督者には該当しないとのことでした。想像できた感がありました。「人間愛」が大切で、労働力を都合よく、使い捨てのような発想をするのではなくて、共に戦う仲間・同士として尊重し、互いに高めあっていくような美しい精神の復活を心から望みます。 ...続きを見る
人材活用を支援する社会保険労務士,<st...
2008/01/31 13:29

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新聞報道をみるかぎり、管理職であるかどうかの判断基準に、労務管理ではなく、経営参加をもってきているようです。そうだとすれば、無理がある判決で、客観的には、誤っているのではないかと思います。今の法律では、いわゆるプレイングマネージャーや中間管理職にはうまく対応できないところがあるようです。しかし、店長が管理職であるかどうかということよりも、店長の仕事がハードで給料が安い、というのがもともとの問題だったはずです。それならば、なぜ店長は辞めなかったのか、転職しなかったのか、会社は店長が辞めるのをおそれなかったのか、それを考える必要があると思います。個々の企業の問題ではなく、労働政策や労働法制の問題があるのではないでしょうか。http://ameblo.jp/logic--star/entry-10069222038.html
logic star
URL
2008/02/01 23:13
logic starさん、こんにちは。
レスが遅くなりました。
実情に法整備が追いついていないというのはご指摘の通りと思えます。
やはり「管理」という肩書きをつけるのならばそれなりの報酬で報いることをすることが最低条件と受け取る形にすべきである、と考えるのが妥当ではないでしょうか。
あとは、実体です。
店独自のカラーが出せないチェーン店のシステムでは経営参加ということはできないので、この判決は妥当ではないでしょうか。
そう考えておりますが……。
CW
2008/02/03 14:32
マクドナルドの店長は管理職にあらず〜東京地裁判決 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる