CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS パウエルはオリックス?ソフトバンク?追放?

<<   作成日時 : 2008/02/01 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「第二のミラー」となった前巨人パウエルの二重契約問題。

契約書はオリックス、ソフトバンクの両球団とも有効。

で、解決は両球団に……と自らの無能を表明し丸投げしたパリーグの会長はさっさと消えていただきたいと思います。

この件。
普通に考えれば先行したオリックスが有利?とも思わせますが、新たなる手段が出るかもしれません。

それが、両球団痛み分けとなる「追放」という手段。
 プロ野球・根来泰周コミッショナー代行(75)は31日、オリックスとソフトバンクとの間で二重契約が明らかになった前巨人のジェレミー・パウエル投手(31)について言及した。1日は全12球団がシーズンに向けてキャンプインする中、同代行は問題の早期解決を望む一方、今回のパウエル側の交渉態度を重要視。「野球協約第83条(不適格選手)」により、同投手を日本球界から締め出す私見も披露した。

 前代未聞の二重契約問題に球界トップは表情を曇らせた。東京高等検察庁で検事長も務めた根来代行だけに、ルールを破る行為は見逃すわけがない。

 「外科的な手術だが、二重契約をするような選手は(野球協約)83条を使って入団させなければいい」と言い切った。

 野球協約第83条は、連盟会長が不適当と認めた選手を支配下選手登録できないと定めたもの。今回、パウエルサイドがオリックス、ソフトバンク双方の統一契約書にサインしている二重契約は、球界のルールに反する行為。連盟会長の判断として選手失格とし、パウエルに日本球界でプレーする資格を与えない可能性まで示した。
(スポニチアネックスより)

これ、選手も問題ですが、認識のいい加減な代理人のほうがもっと問題ではないでしょうか?

こういったことに関する紳士協定(?)はしっかり守ることでトラブル防止に努める、という最低限の努力をすることも球界は必要でしょう。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
パウエルはオリックス?ソフトバンク?追放? CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる