CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS フェブラリーS週中考察vol.2 ヴァーミリアン

<<   作成日時 : 2008/02/20 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

フェブラリーS週中考察の2回目。

ダイワスカーレットがいなくなったので、考察はしやすくなったかもしれません。
しかし、個人的には「出る→人気→消える」と考えており、無印予定でしたので馬券の配当が下がりそうなのが残念。

さて、本題の週中考察。
今回は昨年の最優秀ダートホース、ヴァーミリアンを考えたい。

この馬が持つ切り札は「JCダート1着」。
01年以降、前年のJCダート1着馬がフェブラリーSに出走してきたときは連対枠に必ず入っている。
01年 2人気2着 ウイングアロー
03年 4人気3着(2着同枠) イーフルカフェ
05年 4人気4着(2着同枠) タイムパラドックス
06年 1人気1着 カネヒキリ
08年 ? ヴァーミリアン
(02.04.07年は前年のJCダート勝ち馬不出走)

単にデータの羅列となるが、見るべき点はある。

1つは、2番人気以内なら直に連対、4人気なら同枠馬まで。
ヴァーミリアンがワイルドワンダーと1人気を争うと見てるので、直連対の可能性が高そう。

2つ目は、ここに出てきた4頭を見ると、勝ったカネヒキリを除く3頭は前年のフェブラリーSに出走していた。
4歳馬のカネヒキリは出走できないが、出走しようと思えば出れたヴァーミリアンは昨年のフェブラリーSをパスしている。
(川崎記念1着→ドバイWC4着)

その前の年は出走しているが、昨年はこのレースに足跡を残さなかった。
この点がひっかかる。

ちなみに、1番人気となった馬についても簡潔に。

01年から昨年までの7年間で1番人気は「5.0.0.2」と勝つか消えるか、両極端な結果。

消えた1番人気には「前2走とも負けている」共通点があった。

人気馬でひっかかりそうなのがメイショウトウコンなのだが、4番人気が想定され、1番人気にはならないだろう。

そうなると、ヴァーミリアンが1人気なら「買え」ということになるのだろうか?

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
皆さんはステップレースをどのような観点で分析されているでしょうか。
フェブラリーSにははっきりとした位置付けはありませんがステップレースとして平安S、根岸Sがありますね。この2レースの結果をどう分析するかです。
平安Sでは伏兵のクワイエットデイが勝ち、人気馬のメイショウトウコンが2着。それだけではフェブラリーSは見えてきません。クワイエットデイはドラゴンファイアーと同居、メイショウトウコンは今年もある程度人気を背負って出走するために2着したのでしょう。
そこで問題です。ドラゴンファイアー、メイショウトウコンにはどのような戦歴特性があるでしょうか?
それが理解できればある程度先が見えてくるのではないでしょうか。
根岸S2着馬タイセイアトムはなぜ出走しないのか、根岸Sにもヒントは隠されているはずです。
この2レースの結果から1頭だけは軸として確定できる馬が浮かび上がると思います。それはヴァーミリアン、ただし2着かもしれませんね。
ゴマちゃん
2008/02/23 09:38
こんばんは。
過去の結果を見たときに、平安S、根岸S組を積極的に買えないと判断したため、平安S組は全馬消しとしました。
5歳馬不在で「1世代抜け」となったことがヴァーミリアンにはプラスだったのでしょう。
CW
2008/02/24 18:23
フェブラリーS週中考察vol.2 ヴァーミリアン CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる