CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 内藤、再び投げられるもドローで防衛〜ボクシング

<<   作成日時 : 2008/03/08 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

最終ラウンドまでもつれ、判定も三者三様のドロー決着。

しかし、チャンピオンと挑戦者の「立場の差」で内藤が2度目の防衛に成功しました。

プロボクシング:WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦
 王者:内藤大助 ドロー 同級1位:ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)
 内藤は2度目の防衛に成功


前回とは違って、王者と同級一位との対戦ということもあり、見ごたえのあるいい試合でした。

三者三様に割れた判定はどうか?とも思いますが、さすがに元王者の相手も強かったですし、「王座防衛」という最低限のことができたので、その点は評価できますよね。

攻撃が単発的だったことと下がるシーンがマイナスに取られたのでしょうか?

9ラウンドで再び投げられ、「投げられ王子」とでも名づけてしまいたくなるようなシーンもありましたが……。
(年が年だから、まずこういった名前はつけないだろうけど。)

ただ、中継局がTBS。
前回の亀田戦とは手のひらを返したかのような実況・内容には呆れてしまいました。

前置きの長さも相変わらず。

やっぱり、ここの局に中継をやらせたらアカンでしょ……。

----------
こちらにも参加中→→→ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[WBCフライ級]決まり切らない好勝負
例によってのTBSモードで試合開始は20時だろうがと思って、19時からはIQサプリを見て終わって移行したらやっぱりまだ始まってなかった。リングアナのコールまでうだうだと長ったらしくてTBSクオリティか、と思いつつ、これまでも面白い試合を見せてもらった内... ...続きを見る
BBRの雑記帳
2008/03/08 21:43
WBCフライ級世界戦…内藤また投げられたけど、引き分け防衛
 ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチは、判定に持ち込まれ、内藤=1、ポンサクレック=1、ドロー=1 で引き分けとなり、チャンピオン内藤大助が防衛に成功しました。 で、今回もTBSの中継でしたが、相変わらずゴングが鳴るまでが長い!!  7時40分にチャンネルを合わせた時点で試合が始まっていないのでビックリ!!  その後も、8時頃まで待たされてイライラしていたのに、ようやく両者がリングに上がってからもセレモニーがキッチリあって余計にイライラ・・・。  挙げ句に”Gackt”の君が代斉唱... ...続きを見る
+子育ちパパの航生日誌Q2.1
2008/03/08 21:49
内藤 ドローで2度目の防衛
<ボクシング>内藤、ドローで2度目の防衛 また投げられる WBCフライ級 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦が8日、東京・両国国技館で行われ、同級王者・内藤大助選手(33=宮田)が同級1位のボンサクレック・ウォンジョンカム選手(3.. ...続きを見る
zara's voice recorde...
2008/03/08 23:24
内藤大助、ドローで2度目の防衛
ポンサクレックは亀田大毅から、 内藤の極秘の弱点、なる情報を得ていた 「内藤は投げ技に弱い」と。 ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2008/03/08 23:38
内藤大助 WBC世界フライ級王座防衛
チャンピオンの内藤大助(33=宮田)は同級1位の前王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(30=タイ)と引き分け、2度目の防衛に成功した。 内藤は昨年7月、ポンサクレックを3度目の挑戦で破って王座奪取。同10月の亀田大毅(協栄)戦に続く防衛を果たした。ジャ.. ...続きを見る
ZAWA talk
2008/03/09 00:00
内藤大助、防衛!
内藤大助がポンサクレック・ウォンジョンカムとの防衛戦で、12ラウンド判定、引き分けドローで防衛しました。ほとんどクリンチもなく見ごたえある試合でした。 ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2008/03/09 00:10
内藤大助VSポンサクレック 引き分けで内藤がV2達成
ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤大助VSポンサクレック・ウォンジョンカム」が8日、東京・両国国技館で行われました。内藤大助は昨年7月、当時王者だったポンサクレックを破り新チャンピオンに輝き、10月の初防衛戦は亀田大毅を圧勝し「国民の期待に応える」ことができました。今回の2度目の防衛戦は、前王者・ポンサクレックと4度目の対戦。これまで2勝1敗でポンサクが勝ち越し。運命の第4戦の行方は、最後まで激しい試合となりました。 ...続きを見る
日刊魔胃蹴
2008/03/09 01:39
辛くもドローで国民の期待に応えた王者 【ボクシング WBCフライ級タイトルマッチ】
世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は8日、東京・両国国技館で行われ、チャンピオンの内藤大助(宮田ジム)が前王者で挑戦者の同級1位ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)と対戦し、三者三様の判定で引き分け、辛くも2度目の防衛.. ...続きを見る
不定期更新のスポーツニュース
2008/03/09 04:53
【ボクシング】内藤 ポンサクレクと引き分け2度目の防衛成功
WBCフライ級タイトルマッチ、王者の内藤大助選手は同級1位のポンサックレック・ウォンジョンカム選手と戦い、引き分けで防衛に成功しました。ジャッジの判定は(114-115、115-113、114-114)というもの、見ていても白熱したこれぞボクシングといういい試合だったと思います。 内藤選手といえば、前回の世界戦であの亀田選手と対戦して一躍「時の人」となりましたが、その後も今までと変わりなく精進して日本人最高齢での防衛記録を達成です。相手のウォンジョンカム選手からも兄貴のようだといわれたようで、... ...続きを見る
Motohiroの本音トーク
2008/03/09 10:57
内藤、再び投げられるもドローで防衛〜ボクシング CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる