CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中日−読売 初勝利、初安打

<<   作成日時 : 2008/04/16 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初回1点を取って、なおも2死2.3塁と両チームが同じ形をつくった。

その後の6番打者。
読売のゴンザレスは内野フライでチャンスを潰し、ドラゴンズの森野は四球でチャンスを広げ、中村紀のタイムりーで勝ち越しに成功。

結果的にはこの6番の差が明暗を分けた試合でした。

今日の試合
ドラゴンズ 6−1 ジャイアンツ

投手起用
ジャイアンツ ●内海、西村、藤田、栂野
ドラゴンズ ○川井、鈴木、平井、小林、高橋

ドラゴンズの先発はほとんどが山井と思ったところに、明日の先発ともいわれていた川井を持ってきた。
初回に1点を失うも2回から立ち直り、6回まで1点で抑える。
しり上がりによくなってましたね。

一方の打線は2回以降沈黙していたが、6回に5安打を集中させ3点を追加。
1死2.3塁。打者谷繁。
普通なら敬遠でしょうが、満塁にしたら間違いなく立浪が出てくる……となると、勝負せざるを得なかったということでしょう。

で、その谷繁。普通なら高いバウンドのセカンドゴロとも思われたが、前進守備のおかげでライトへ抜けたタイムりー。
これが大きかったですね。

6回の3点で勝負あり。
あとは細かい継投で逃げ切って3連勝。

先発した川井にプロ初勝利。6回に代打で出た西川にプロ初安打。
初物づくしの日でもありました。

明日は山井とグライシンガーでほぼ間違いないでしょう。
3タテして横浜戦を迎えたいものです。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
中日−読売 初勝利、初安打 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる