CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京五輪誘致 書類だけで誘致はできない

<<   作成日時 : 2008/06/05 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京五輪、第一次先行を通過しただけで大騒ぎしてますが……。

2016年夏季五輪の招致を目指す東京都が、4日に当地であった国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で第1次選考を通過した。今後は、来年10月2日にあるIOC総会(コペンハーゲン)での開催都市決定に向けて、マドリード(スペイン)、シカゴ(米国)、リオデジャネイロ(ブラジル)と争う。

 IOCが行った各都市の基本的な大会開催能力評価で、東京は申請した7都市中、最高評価を得た。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は「トップで通過したことで、多くの人が『東京の五輪招致には現実味がある』と理解してくれるのではないか」と話し、「1位効果」を期待した。治安や警備、交通や宿泊施設など大都市としての力は高く評価されたが「市民の支持」に関する評価が低かったからだ。

 IOC独自の世論調査結果では、五輪招致に対する東京都および近郊の市民の支持は59%。マドリードが90%、リオデジャネイロが77%、シカゴが74%だったのに比べ、目立って低かった。

 東京都が1月に示した試算では、来年10月までの招致活動にかかる経費を総額150億円と見込み、うち100億円が都の支出になるという。開催が決まれば大会経費は民間資金で調達する方針だが、競技施設や公共基盤整備などに多額の税金が費やされることは避けられない。

 五輪開催によって、生活の充実が実感できるような理念や計画を市民に示されなければ理解は広がらない。投票権はIOC委員しか持たない。だが、「足元」の市民に向けた取り組みも、招致の大きなカギを握る。
(毎日新聞より)

書類は1位で通過しましたが、それで誘致できるわけではありません。
開催地の地域バランスを考えると、シカゴとリオの一騎打ちでしょう。

ソウル→バルセロナ→アトランタ→シドニー→アテネ→北京→ロンドンの順番で開催(予定地含む)。
ヨーロッパで2大会連続はありえないだろうし、今年、北京でやってしまうのでアジアも普通に考えればない。

そうなると残るはシカゴかリオ。
南米初の五輪として、リオでやればいいんじゃないですか?

記事の最後のほうにも出てましたが、税金を大量に使うことになり、財政難の今、五輪をやる意義もない。
新銀行東京に次ぐ、大量無駄遣いは東京都にとってプラスになるのだろうか?

税金の使い道が違うように思えるのだが。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
東京五輪誘致 書類だけで誘致はできない CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる