CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS スピード社の水着解禁へ……当然でしょうね。

<<   作成日時 : 2008/06/08 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

ここまで露骨に結果として出されると認めないわけにはいかないでしょうね。

日本水泳連盟の佐野和夫専務理事は8日、北京五輪代表選手が使用する水着について、契約するミズノ、デサント、アシックスの国内3社以外の水着着用を認める日本水連の方針を、3社側からも同意を得たことを明らかにした。佐野専務理事は「これまで3社と話してきて、同意をいただいた」と話した。

 6日から3日間、東京辰巳国際水泳場で行われたジャパンオープンで、世界記録連発で注目された英スピード社製水着を着た日本選手が世界新記録1、日本新記録延べ15をマーク。選手から「スピード社製水着を着たい」との声が強まり、国内メーカー側も認めざるを得ない状況となった。

 日本水連は10日の常務理事会で、方針を正式決定する。
(毎日新聞より)

「契約」といって強気に出ていたが、ここまで結果として出されると白旗状態。
これ以上契約を盾にして強気に出ていたら、選手もそうですが、世論も許さないでしょう。

五輪に選手が出ました。 → 微妙な所で負けました。 → あのメーカーのを着ていたら……

なんていわれたら目も当てられません。

ただ、逆に選手も言い訳が出来なくなったのも事実。
とはいえ、個人的には本番で期待なんかほとんどしていないんですけどね。

メダルが2個取れたら上々じゃないですか?

ただ、今週、こんな記事も出ていましたね。
水着新素材提供の山本化学工業が悲鳴
 アシックスとデサントの2社の五輪用水着に素材が採用された山本化学工業が“窮状”を訴えた。山本富造社長(49)が3日、報道各社に直筆のファクスを送付。(1)2社に意見や提案を聞いてもらえない(2)素材を全身に使用した水着(ニュージーランド製)を試してほしいが、どの選手が試着を希望しているか情報がもらえない−と打ち明けた。
 同社は好記録連発の英スピード社製より水の抵抗が少ないという新素材を開発して、日本水連から改善を要求された国内メーカー3社に提供、うち2社が5月30日に採用を発表した。だが、採用後に2社へ協力を申し出ると、デ社は「情報を開示する約束はしていない」と断り、ア社は無回答だったという。
 山本社長は「私ども中小企業では選手に声が届かない。(ニュージーランド製水着の)試着を希望する代表選手は電話やメールでご一報を」と訴えていた。
(日刊スポーツより)

まさに大企業病。勘違いもほどがあります。
だって、ここの会社が素材を作っていなければそういった水着を作れなかった(結局はスピードに負けたが)わけですから。

ですから、是非ともスピードに負けて、恥を知れ!と思ってたんですが……。
(でも、メーカーは素材が悪いとか、時間が少なくてとか言い訳三昧なんでしょうね……)

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まさかの「水着狂想曲」模様?
 この週末は、やれサッカーW杯3次予選とかバレーボール最終予選とかいろいろありましたけど、水泳についても「あの」スピード社製水着「&... ...続きを見る
Ali della liberta (i...
2008/06/08 23:43

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
北島もポーズで「泳ぐのは水着じゃない、僕だ!」Tシャツをわざわざ作ったようですが、結局スピード社・・・内心ほっとしているのは北島ですよね。

ミズノがもし着させないなんて言ったら、メダル云々以前にイメージ低下の大損害ですよね。マネできるのか知りませんが、水着なんて五輪が終ってからゆっくりパクればいいし・・・。
コジーン
2008/06/09 22:31
コジーンさん、こんばんは。
>内心ほっとしているのは北島ですよね。
同感です。
Tシャツ作ってましたが、最後の行の下に「水着を選ぶのも僕だ」って見えないくらいにこっそりと書いてあったりして(爆)
ですが、あそこまでの差が出てしまうと認めざるを得ないでしょうね。
メーカー側も下手なごり押しをせずに認めたことは言いかと思います。
4年後にみんなに使ってもらえるような水着をしっかりと(パクって?)作ってもらいましょう。
CW
2008/06/09 23:28
スピード社の水着解禁へ……当然でしょうね。 CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる