CW馬なりにて歩む(旧館)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中日私設応援団、提訴へ

<<   作成日時 : 2008/06/19 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドアラとか応援団とか本業以外の話題が多い今年のドラゴンズ。

一部応援団に活動禁止の処分が出ましたが、この件について提訴をしました。

 プロ野球12球団と警察庁などで作る「暴力団等排除対策協議会」が今年3月、中日の私設応援団2団体に応援活動禁止を通達した問題で、2団体のメンバー105人が19日、「理由もなく応援活動を禁止され、精神的苦痛を受けた」などとして、12球団と日本野球機構、日本プロフェッショナル野球組織を相手取り、通達の撤回と原告1人につき22万円〜11万円の損害賠償を求め、名古屋地裁に提訴した。

 訴えたのは、「名古屋白龍会」の25人と「全国竜心連合」(名古屋、岐阜、広島など全国7竜心会で構成)の80人。

 訴状によると、同対策協議会は3月27日、2団体に対し、プロ野球の試合での太鼓やトランペットなど鳴り物応援の禁止を通達。このうち、名古屋白龍会の26人に対しては球場への入場自体を禁止した。この26人のうち25人が訴訟の原告となっている。

 原告側はこの措置について「告知・聴聞や理由の開示もなく、手続きが不透明で、権利の濫用」と主張し、通達の撤回を求めている。

 12球団は暴力団排除を目的に06年シーズンから私設応援団を許可制にしている。同協議会は応援禁止措置の理由を公表していないが、暴力団と関係している疑いがあると判断したとみられる。
(毎日新聞より)

いろんなところでニュースになってますが、勘違いされる可能性がある書き方をしてるかな?と思えます。

正しくは「鳴り物応援」ではなく、応援活動そのものの禁止。
トランペットを使っていないのは、現在活動を許可されている応援団の抗議活動。
ただ、これは、「ファン無視」という批判が強いことも付記しておきます。

私自身は単なる一ファンですし、詳細はわかりません。
ただ、「団体」単位で応援活動の許可を出しているのなら、1人がアウトになった時点で連帯責任となりますから仕方ないかと思います。

ちなみに、ドラゴンズ応援団の活動禁止処分 続編 理由は明示すべきで書きましたが、禁止された理由として、新たに団員として申請を出したものの中に「暴力団員等でなくなったときから5年を経過しない者」がいたようです。(これは違反になります)

その記事にも書きましたが、正式な理由を明示しなかったのは問題ありでしょう。

さて、司法はどう出るんでしょうね?
今後のためにも白黒はっきりさせておいたほうがいいでしょう。

-----
訴訟に踏み切ったこともあり、7/4(対読売、ナゴヤドーム)から応援活動を再開するようですね。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ


http://dragons-victory.seesaa.net/article/101061209.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
中日私設応援団、提訴へ CW馬なりにて歩む(旧館)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる