交流重賞予想 スパーキングレディーカップ(川崎)

ダンスインザムードがキャッシュコールマイル(米G3)を勝ち、アサヒライジングがアメリカンオークス(米G1)2着と牝馬2頭が海外で結果を出しました。

米国の芝路線は一枚落ちになるとはいえど、勝つことはたいしたものです。

海外遠征が始まった時期には、砂の女王といわれ、最後はドバイで生涯を閉じたホクトベガの名もありました。

川崎で4戦4勝。この馬を讃え、サブタイトルのついたスパーキングレディCが明日発走です。

最近、不調(?)の武豊から内田博にのりかわるレマーズガールがどうなるかは気になりますね。

では、予想へ。

川崎10R 第10回 ホクトベガメモリアル スパーキングレディーC(G3)発走20:10
◎ 09 グラッブユアハート
○ 06 レマーズガール
△ 02 オルレアン


【 短観 】
ド本命2頭の一騎打ちとみたい。

組み合わせ的には、もうワンパターンと化しているこの2頭。

斤量面で利のあるグラッブを上位評価したい。

グレイスやトーセンといったJRA勢では配当面も薄そうなので、穴を狙ってオルレアンを(これも元JRAだなぁ……)。