キャセイパシフィック香港国際競走

日本から4レースにのべ7頭が出走した「キャセイパシフィック香港国際競走」ですが、日本馬の出番はほとんどなく終わりました。

香港ヴァーズ
ソングオブウインド 4着、アドマイヤメイン 8着
(ウィジャボード 出走取消)

香港スプリント
シーイズトウショウ 10着、メイショウボーラー 競走中止
(テイクオーバーターゲット 出走取消)

香港マイル
ダンスインザムード 12着

香港カップ
アドマイヤムーン 2着、ディアデラノビア 7着


最高はアドマイヤムーンの2着。

世界は甘くありません。

この冬のオリンピックもそうでしたが、日本選手(馬)が遠征すると、妙に煽っているような空気を感じます。

競馬で最もその空気を感じなかったのが、キャッシュコールマイルを勝ったときのダンスインザムード、メルボルンCを勝ったときのデルタブルース。

何か、煽れば煽るほど結果は悪化する……そんな空気を感じます。

実力をもう少し考えて報道することも必要でしょうね……
------------------------------------

この結果を健闘とみるか、惨敗と見るかですが、個人的にはアドマイヤムーンだけが「健闘」、スプリントの2頭をはじめ、他馬は「実力通り」でいいと思います。

実力的な面から見て、今回はどの馬にも期待は全くといっていいほどしてませんでした。
ダンスインザムードはここへ来るには1走多いし、スプリントの2頭は実力が違いすぎ。
ディアデラノビアも然り。

牝馬をつれてくるなら、ローテーションを考えたほうがいいかもしれませんね。

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0