阪神JF、中日新聞杯最終結論

12月に入ってから一気に寒くなってきました。
明日は、2歳牝馬チャンピオン決定戦阪神JFが行われます。

外回りコースで枠の有利不利がなくなったといわれますが、アストンマーチャンの独り占めは続くのでしょうか?

一方の地元中京はハンデ戦化した中日新聞杯が明日のメイン。
気分と天気次第という身勝手な条件(笑)がつきますが、午後から「赤い電車」で現地突撃も考えてます。

では、予想を。

阪神11R 阪神競馬場芝外回りコース新設記念 第58回農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)
◎ 09 アストンマーチャン
○ 05 ピンクカメオ
▲ 16 イクスキューズ
△ 07 マイネルーチェ
× 03 ルミナスハーバー

【 短観 】

正式名称を書くのですが、長いね……
というよりも、「ジュベナイルフィリーズ」という時点で長い。
別に阪神2歳牝馬Sでいいんじゃないか?と思うんですけどね。

そういう話はさておいて、本題。

夏の重賞とファンタジーSを勝ち、唯一の重賞勝ち馬として登場するアストンマーチャンが一本被りの人気となっている。
昨年、人気となって失速したアルーリングボイスと似たようなローテーションは気になるが、アルーリングが走ったききょうSをパスしたことを評価して◎としたい。

中京11R 第42回中日新聞杯(GⅢ)画像
◎ 01 トーホウアラン
○ 14 マヤノライジン
▲ 12 ツルマルヨカニセ
△ 13 ミツワスカイハイ
× 04 トウショウシロッコ
× 06 インティライミ
( 10 ドラゴンキャプテン 出走取消)

【 短観 】
ここ6年間で3回目の取消が発生した。
過去2回の取消戦日は、前走条件戦2着馬が勝ち、重賞2着馬が2着となった。

今年からハンデ戦となったことで、これがひっくり返るとみたい。
そこで、軸は直前加算が重賞勝ちとなる唯一の馬トーホウアランとしたい。

期待する穴馬は中京巧者ミツワスカイハイ。
(写真は今年の京都新聞杯時のトーホウアラン)

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0