日経新春杯、京成杯最終結論  今年のエリート街道を歩める馬は?

金曜日のブログ、HPの更新、土曜日の馬券購入。

いずれもやることなく終わった。

というのも、今日は重賞がないうえに、仕事。

昼休みに簡潔に予想はしたが、気乗りしなかったので、見送り。
後で結果を見たら、見事なまでに外れていた。

カンは冴えているようです(笑)。

今週の重賞は日経新春杯と京成杯。

両方とも「勝ち馬が出世する」イメージとは程遠いレースですが、勝てばそれぞれのエリート路線に乗ることができますね。

では、予想を。

京都11R 第54回日経新春杯(GⅡ)
◎ 08 トウカイエリート
○ 09 アドマイヤフジ
▲ 10 メイショウオウテ

【短観】
まだ今年の競馬は2週目なのだが、早くも年内最後の出来事が起きる。
このレースは、前年から日程を変更された最後のハンデ重賞。

今年のハンデ重賞は、前走で1600万を勝ってオープン入りした馬が連対している。
前走、阪神のオリオンSを勝ってオープン入りしたトウカイエリートを素直に狙いたい。

(ちなみに、タイトルで「エリート街道」と入れたのは、この馬にひっかけたものです)

相手は、今年のハンデ重賞で同じように連対枠入りしている前年同一レース連対枠入りの馬。

該当は連覇を目指すアドマイヤフジしかいないのだが、同枠馬メイショウオウテまで手を広げたい。

画像
中山11R 第47回京成杯(GⅢ)
◎ 07 メイショウレガーロ
○ 11 ダイレクトキャッチ
▲ 09 マイネルアナハイム
△ 03 ピサノデイラニ
× 02 アルナスライン

【短観】
先週のシンザン記念と何かを入れ替えた形での決着を見せる京成杯。

(昨年はシンザン:500万勝ち馬2頭 ⇔ 京成杯:500万出走歴なし2頭)

そのシンザン記念は「秋デビュー、新馬勝ち、500万出走歴なし、オープン連対歴あり」の2頭で決まった。

驚くべきくらい綺麗な逆になった「夏デビュー、新馬負け、500万勝ち、オープン歴なし」のメイショウレガーロを狙いたい。

写真は再掲となるローズプレステージ(京都2歳S出走時)

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0