「そのまんま」当選したが、荒海が待っている

宮崎県知事選挙でそのまんま東氏が当選したようです。

準備期間が短かったこともあり、厳しいと思ってました。

保守系色の強い宮崎で、まさか当選するとはね……。

考えられることはいくつかあります。

前知事の辞職原因が談合関与。

しがらみの排除を県民は求めていたということでしょう。

おまけに民主党は候補を出せず、自民党は分裂選挙。

候補者を一本化することすらできない相手のミスもあり、彼に世論の風も吹きました。

タレントからの出馬でしたが、芸能人の応援は一切なし。

そういった姿勢も評価されたのでしょう。

前日に推薦候補の応援演説で「タレントはダメだ」などといっていた自民党の幹事長こそ、ダメですね。

立候補前にマニフェストに具体的な数値目標を入れてきました。
付け焼刃なら看破されることは誰でも承知済み。
しかし、そういったことができませんでしたね。

つまり、それなりのものを出してるということなのでしょう。

それらを理解してませんし、候補者を一本化するという、最低限のことが出来ない幹事長にモノを言う資格はありません。
(県が主体ならどうしようもないが、それなら国に応援を求める必要はないはず)

与野党の直接対決となる愛知県知事選で自民党が負けたら、即座に進退問題につながりそう。
そうでなくても、彼のクビは通常国会が終わるまで持つのでしょうか?

---------------------------------
さて、その東氏ですが、ノックよりはまともにできるでしょう。

しかし、以前の記事で「当選しても茨の道」と書きました。

知事だけが張り切っても改革なんてできません。
定数45のうち、32人が自民党という県議会がどうでるかでしょう。
もし、改革に取り組めない県議会ならば、4月の統一地方選で落とすことが有権者には求められます。

「知事だけが変わっても何も変わらない」。
変えるなら議員も変えなければ(変わらなければ)いけないでしょう。

------------------------------------------
というわけで、こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ

芸人学生―僕が学びつづける理由

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い