きさらぎ賞観戦記&ダイヤモンドS結果 軸はともに4着撃沈

上洛して今年初の現地観戦に挑みました。

淀では年に2.3回やってるんですが、ほとんどが土曜日で、今回は一昨年の秋華賞以来、1年半ぶりの日曜日突撃。

振り返って見れば、現地に着いたときにひょう?あられ?が降っていたことで、先行きが怪しいことを示唆していたのかもしれません。

思ったようにはうまくいかないことが多かったですね。

(そういえば、NB?さん。お会いできませんでしたが、初の京都はどうでしたか?)

そんなこんなありましたが、重賞の結果と観戦記を。

画像
京都11R きさらぎ賞(GⅢ)
1着 ▲ 07 アサクサキングス
2着 ○ 03 ナムラマース
3着 -- 05 サムライタイガース
--------------------
4着 ◎ 06 オーシャンエイプス

(馬連850円)
(写真は優勝馬アサクサキングス)

パドックで写真を撮っていたが、ソッポを向いてなかなか上手く取れなかった馬が1頭。

それが、武幸に乗り替わったアサクサキングス。

アンタの馬券はハズレだよーん、なんて示唆していたのかもしれない(爆)。

この馬に逃げ切られ、圧倒的な1番人気オーシャンエイプスは直線伸びきれず4着。

といっても、あの展開で差しきるには33秒台前半の脚がなければ無理。
もう一度やれといってもできないような絶妙な騎乗があったことも事実で、この顔ぶれで再戦したら結果は変わるような気もした。

8頭立てになった時点で、予想は素直に増量馬ナムラマースを頭にしておけばよかった。

馬券は押さえの馬連が引っかかっただけで、3連複1点をメインにしていたためトリガミ。

オッズを見ずに買っていたことがマイナスに作用した。
(というよりも、京都の最終以外は結局オッズを見る間もなく、頭の中の想定オッズで買っていた。これは結果的にはマイナスだった。10倍はつくとおもったんだけどなぁ……)

ここまでの競走能力という面で見る限り、フサイチを脅かすような馬が出て来なかったことは紛れもない事実でトライアル次第では面白みのないクラシックが始まるかもしれない。

しかし、ニュービギニングとオーシャンエイプス、それにサムライタイガースの3頭はもう1戦見てから競走能力を判断したい。

東京11R ダイヤモンドS(GⅢ)
1着 ○ 02 トウカイトリック
2着 × 13 エリモエクスパイア
3着 -- 05 アドバンテージ
---------------------
4着 ◎ 04 バイロイト
12着 ▲ 06 ドリームパートナー


時計は速かったが、前残りの流れ。
これをトウカイトリックが差しきった。

これもヘタに考え方をいじらずに、トウカイを◎にすればよかったのだが、ひっかかるものがあってバイロイトに変えて失敗。

今週の重賞予想はともにひねって失敗した感覚が強い。

ちなみに馬券成績は京都7R~最終と東京11Rの計7レース購入、的中は4レース。
ですが、低配当のものが中心でオマケにトリガミもあったため、きっちり缶コーヒー1本分のマイナス。
東西の重賞がともに、1.2.4着ということもあるのでしょう。3連複に手を出さなければよかったかな?なんて思ってしまいました。

-------------------------
今回、特別戦を中心にパドックで写真を撮ってきました。
出来はまあまあといったところ。
ヘタな腕を隠せる手振れ補正機能のついたデジカメに変えたこともよかったかもしれません。

ただ、やっぱり、最前列の「望遠つきの一眼持参で来場のご一同さま」。
周りのことにおかまいなしで、ブンブンとカメラを振り回してたのは非常識じゃないのか?。
ちょっとは考えてくれよ
普段は仕方ないか、と思うんだけど、今回は2人ほど「プチッ」ときかかったんですけどね……

最後は文句で申し訳ないのですが、こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0