アーリントンC最終結論 鞭を置く本田にエールを送る ◎ローレルゲレイロ

今週の競馬界は別れの週。
3人の騎手と8人の調教師が引退します。

このうちの何人が花道を飾れるのでしょうか?

さて、今週から西は阪神、東は中山でそれぞれ2ヶ月の開催となりますが、東西ともに1600万を中心に相変わらずの出馬ラッシュが続きます。

日曜のなにわSは前登録70頭、土曜の韓国馬事会杯も45頭。
レースで勝つよりも、フルゲートに入るほうが大変。

ハンデ戦ではハンデ差上位3頭に優先権がありますが、別定戦でも力量上位馬には何らかの措置が必要になってくるのではないでしょうか?

このままでは、冗談抜きで前走二桁負けの馬でフルゲートの準オープンという、馬券ではとんでもないくらい難解なレースが出てきそうですね。

土曜の重賞は阪神開幕を飾るアーリントンC。

外回りコースは前半がスローで直線勝負になるレースが多くなってしまいますが、トライアルを前に新たにクラシックに名乗りをあげる馬は出るのでしょうか?

前置きは長くなりましたが、予想を。
画像
阪神11R 第16回アーリントンC(GⅢ)
◎ 14 ローレルゲレイロ
○ 09 マイネルレーニア
▲ 02 トーセンキャプテン
△ 16 エーシンビーエル
× 05 アドマイヤヘッド

(写真は前走きさらぎ賞出走時のアドマイヤヘッド)

【 短観 】
1着賞金が4200万の共同通信杯、きさらぎ賞はともに2歳GⅢを勝ちながら朝日杯をパスした馬が連対した。
開催期日が変わったシンザン記念、京成杯ではともに朝日杯組が消えたが、日程据置の今回はその逆がおきると見たい。

勝ちきれない点が気にはなるが、それなりのステップを踏んで朝日杯に顔を出したローレルゲレイロ。
鞍上が今週のレースを最後に調教師になる本田。

最後の花道を飾れるかどうかにも注目したい。

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0