日経賞、毎日杯最終結論

今年からパートⅠ国入りした日本。
その影響がやはり出てきました。

「グレード」は国際レースでしか使えないこともあり、桜花賞の週からは国際グレートで認定されないレースは「JPN」に表記が変更され、すでに終了したレースも今年1月にさかのぼって変更されます。

そのため、今は「GⅢ」としている毎日杯も後日「JPNⅢ」と表記が書き換えられます。

さて、土日と天気が悪そうです。
2着までに入れば賞金面で皐月賞出走がかないそうな毎日杯。
雨に泣く馬が出てくるかもしれませんね。

日経賞と合わせて予想を。

中山11R 第55回日経賞(GⅡ)
◎ 08 インテレット
○ 04 フサイチパンドラ
▲ 05 マツリダゴッホ


【 短観 】
先週の阪神大賞典とは違い、顔ぶれを見る限りG2には見えないのですが……。

昨年夏以降、「古馬G2、指定、グレード別定」で行われたのは全部で5レース。

すべて負担重量以上での重賞連対歴を過去1年以内に持っていた。
今回は安直だが、該当するフサイチパンドラ、インテレットを狙いたい。

ただ、馬券は見送るか買ってもごく少額の予定。

画像
阪神11R 第54回毎日杯(GⅢ)
◎ 10 ナムラマース
○ 11 クレスコワールド
△ 01 マイネルヘンリー
× 04 ブラックオリーブ
× 05 ニュービギニング

(写真はきさらぎ賞時のナムラマース×ペリエ)
【 短観 】
今年から外回り1800となったことで、共同通信杯、きさらぎ賞とともに「1着賞金4200万、別定、特指、芝1800」のトリオが完成した。

その共同通信杯、きさらぎ賞では1K増量された57Kで出走したフサイチホウオー、ナムラマースが連対している。

今回、唯一57Kで出走するナムラマース。
1頭だけということもあり、狙い目となるだろう。

相手には同じ芝1800を連勝してきたクレスコワールドを筆頭としたい。

-------------------------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0