セ・リーグ開幕 順位予想

すでに開幕したパ・リーグに次いで30日にセ・リーグが開幕します。

では、昨年も行った順位予想と個人的短観を。
(かなり主観が入ってますが、あしからず)

1位 中日
2位 阪神
3位 巨人
4位 横浜
5位 東京ヤクルト
6位 広島東洋


【 短観 】
パ・リーグは「1強」ムードが強いが、セ・リーグは竜虎の2強が引き離し、クライマックスシリーズの残り1枠を4チームで争うことになるだろう。

ドラゴンズファンであることを割り引いても、中日を1位にした。
去年からの戦力ダウンがなく、逆にウルトラCのような中村紀の獲得で手薄な右打者の補強に成功。

守備力は十二球団を見てもトップクラス。
投手陣は質量ともに豊富。開幕ローテに入った長峰が初戦勝ちを見せれば勢いに乗る。

今年はどうやら荒木、井端の1.2番が逆になって開幕を迎えますが、課題は李などの新外国人。
出来が悪ければ、スッパリとはずすことも必要になり、監督の采配がカギを握る。

あとはどの球団にもいえますが、故障者が出ないことを願います。

井川が抜けた阪神。
層は厚いのだが、やはり一枚抜けた影響は大きい。
その穴を埋めるであろう小島、能見、打者では鳥谷がどこまでやれるかがカギになりそう。

門倉、小笠原、谷などが加入した巨人。
「巨弱体質?」と問いたいほど、毎年故障者に悩まされることと、守備力がさほど高くないうえに小久保が抜け打撃にも不安あり。そして例年通り中継ぎは不安。

外国人は例年、見事な出来栄えなので期待しないほうがいいだろう。

マイナス要素が多いので本来ならもう1つ下にしたいのだが、残り3球団に課題が多いので、とりあえずここ。

去年成長した内海、姜などがどこまでやれるかでしょう。

門倉、多村といった主力の退団はあったが、工藤、寺原、仁志を獲得した横浜。

打線はいいが、問題は守備。
オープン戦の終盤で見せた「見えないエラー」で投手の足を引っ張り、バットにも影響が……となると、脱落は早い。

岩村がポスティングでデビルレイズに移籍し、故障者続出の東京ヤクルト。
宮出をコンバートしたようだが、穴埋めまでにはいたっていない。
ラミレス、リグスに頼っているようでは厳しい。

増渕はチーム事情を考えると、早い段階で先発陣に入れそう。

ルーキーが使えそうな広島東洋。
ただでさえ層が薄いのに、前田の故障は痛い。
しかし、新しい選手が活躍できる余地があることを示している。
ある意味で期待を裏切る働きを見せて欲しい。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ ブログパーツ
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0