「専大北上高野球部解散へ」私見を

野球留学生の存在もあり、興味をほとんど持たなくなってしまった高校野球。

ニュースにもなってますので、個人的な短観を。

プロ野球西武から金銭供与を受けた早大元選手の出身校で、学費免除の奨学制度など学生野球憲章違反が明らかになった専大北上高校(岩手県北上市)が硬式野球部の解散を決め、16日に岩手県高校野球連盟を通じて日本高校野球連盟に解散届を提出した。

(サンケイスポーツより)

これを見て始めて知ったのは、
「学費免除の奨学生制度は禁止」だったということ。

これ、どこでもやってるような気がします。

いろいろ見てると、野球はダメで他はいい?とか、競技によってばらばらですね。

ばれてしまったからやめる、という空気がミエミエ。
野球部を切れば、学校のイメージダウンをとめることができるだろうという、空気も。

でも、とまりませんよね。それだけでは。

ちなみに、プロ野球の球団から金銭を受けるいわゆる「たかり体質」。
アマチュアにあるとも言われています。

他の学校などでは金銭を受け取った人。
調査では「ない」といってますが、

ないわけないでしょう……。

これで、「ない」といったところから発覚したら、どう落とし前をつけるんでしょうね。

------
最近は野球留学生の集まりが集う学校のオンパレードになりがちな高校野球。
去年の夏に出た八重山商工なんかは近年稀に見る例外でしょう。

全体的に、あちこちから有望選手をかき集めているわりに、さわやからしく見せる、という雰囲気が好きになれません。

(一昔前の「ゼニ勝負」が鉄則(?)だった某在京プロ野球球団にさわやかさを求めるのが無理だったように)
(今でも無理だが)

そういったこともあって、高校野球はあまり興味がありません。

でも、「今いる選手が何かした」というわけではないのに、卒業生と関係者のおかげで部を解散させられてしまった今の野球部関係者(特に生徒)には同情しますし、彼らには私からかける言葉も見つかりません。

何を言っても彼らにはつらいでしょうから。

当面は同好会として存続できるようですので、野球ができるだけ、まだ救いなのかもしれませんが、とんだとばっちりですよね……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0