連敗なし!森野が一撃で豊田を仕留める

「春眠」していたウッズの一振りで追いつき、最後は打率.529と絶好調の森野の一振りで終わる。

一昔前の某球団が得意にしていた一発攻勢で試合を決めました。

ドラゴンズの先発は予想通り長峰。

二岡に一発を食らい、ピンチもありましたが、6回3失点なら先発の役目を十分に果たしてます。
次も期待できますね。

昨日はここで一発出ると……と期待したところでゲッツーを食らい、溜息のもととなったウッズ。
一発の欲しいところで打つのが大金を貰ってる選手の仕事ですが、6回にようやく一発が出て追いつく。

8回裏は小林がイに打たれ、初球できっちりと送られて阿部を敬遠。
勝負するはずの小坂にも四球で岡本投入。

ここが勝負の分岐点でしたね。

小林ももうちょっとしっかりしないといけません。

矢野にフルカウントまでいきましたが、三振。
鈴木の打球はピッチャー返し。
岡本がはじいた打球を荒木が最高のバックアップを見せてアウトにし、無失点で切り抜ける。

これで流れはドラゴンズに向きました。

巨人は勝ちパターンの継投に突入しましたが、9回に出た森野の一振りで試合を決め、最後は岩瀬が三者三振で締める。

いい勝ちだったかとは思いますが、井端がウエストのけん制で差されたり、谷繁がきっちりとバントができなかったり、前述したようにワンポイントで期待されて送り出された小林が打たれたり……と、課題の残るゲームにもなりました。


【今日の試合 ドラゴンズ 6-3 読売 】

こちらにも参加中→→→にほんブログ村 野球ブログへ