東京優駿(第74回日本ダービー)、目黒記念最終結論 父子制覇へ◎フサイチホウオー

画像

今年も競馬の祭典、東京優駿(第74回日本ダービー)がやってきました。

前日発売では皐月賞からの巻き返しを期するフサイチホウオーに人気が集まっています。
勝てば、父ジャングルポケットとともにダービー制覇。

この偉業は達成されるのでしょうか?

ヴィクトリーの2冠でしょうか、それとも第3の馬が出てくるのでしょうか?

では、予想を。

東京10R 東京優駿(第74回日本ダービー)(JpnⅠ)
◎ 15 フサイチホウオー
○ 04 ゴールデンダリア
▲ 17 ヴィクトリー
△ 12 サンツェッペリン
× 09 ヒラボクロイヤル
× 18 フライングアップル


【 短観 】
週中に5回に分けて考察を書いてきました。
vol.1 皐月賞馬とダービー
vol.2 フサイチホウオー
vol.3 ウオッカ
vol.4 枠順発表
vol.5 今年のJpnⅠの1着馬を見る

今年のダービーですが、パートⅠ国昇格に伴い、これまでの「GⅠ」から「JpnⅠ」に表記が変更されます。
日本競馬の国際化が始まった2001年並みの改革と考えられますが、その2001年のダービー馬はフサイチホウオーの父ジャングルポケット。

共同通信杯1着→皐月賞3着のローテも同じ。

そして、皐月賞3着馬がダービーを勝つために必要な「3歳別定重賞勝ち」を共同通信杯勝ちで満たしたことを評価したい。

相手筆頭には、ゴールデンダリア。
今年の3歳JpnⅠで立て続けに勝っている「オープン勝ちあり、重賞未勝利馬」。
該当するこの馬が来てもおかしくはない。

画像

写真はフサイチホウオーの新馬戦。
今思えば、府中でこの馬のデビュー戦を見れたのも何かの縁。

----------
そして、東京では最終競走に目黒記念(JpnⅡ)が組まれていますので、こちらの予想も。

東京12R 目黒競馬場開設100周年記念 第121回農林水産省賞典目黒記念(JpnⅡ)
◎ 02 ポップロック
○ 17 トウカイトリック
▲ 04 アドマイヤタイトル
△ 07 ローズプレステージ
× 01 チェストウイング


画像

写真は前走天皇賞(春)時のトウカイトリック。

【 短観 】
賞金面でダービー出走が叶わなかった3歳馬ココナッツパンチ、ローズプレステージがこちらに矛先を向けてきたことに注目したい。

しかし、今年はサブタイトルがついた1回限りの競走。
昨年の「混合」冠最終戦となった有馬記念2着で賞金を加算したポップロックから入りたい。

-------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0