京都新聞杯、新潟大賞典最終結論

GWも残り2日となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

先週、淀で撃沈しましたが、当初の予定は明日でした。
雨予報なので、入れ替えてよかったと思ってます。

その残り2日、地元は雨予報。
どうせ出かけても、近所のユ○クロとコンビニくらいでしょうからいいんですが……

おそらく、部屋の片付けとかで終わってしまいそう。

昨日書いた前代未聞の出来事以上のことはないでしょう。

その傍らで競馬です。

では、土曜重賞の予想を。

京都11R 第55回京都新聞杯(JpnⅡ)
◎ 15 フェルヴィード
○ 04 マイネルキーロフ
▲ 01 クレスコワールド
△ 02 タスカータソルテ
× 07 マンハッタンスカイ
× 11 ヤマカツティガー


【 短観 】
オープン特別といっても過言ではない顔ぶれとなった。

どこからでも行けそうで解釈1つ。
迷うのだが現行開催となってからの4年間、1着馬の共通点は新馬勝ちということもあり、皐月賞TR終了後の賞金加算歴を持つ8枠から、デビュー戦勝ちのフェルヴィードを中心としたい。

新潟11R 第29回新潟大賞典(JpnⅢ)
◎ 13 ヴィータローザ
○ 08 トウカイワイルド
▲ 03 フォルテベリーニ
△ 10 サイレントプライド
× 02 チェストウイング
× 15 シルクネクサス


【 短観 】
どう見ても一筋縄で収まりそうにない顔ぶれ。

この日の新潟は「地方交流競走(指定、特指)」がなく、地方騎手の騎乗は不可能。
そういった日に行われる重賞は小倉大賞典と中京記念。

このレースの勝ち馬は直前の賞金加算が「ハンデ重賞で2着」となっている点に注目したい。
該当する馬は3頭いるが、その中から条件戦未経験の馬が揃った7枠に入ったヴィータローザを狙いたい。

今回の写真はタマモサポートの前走、神戸新聞杯時のものを。
画像


-------------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0