神戸新聞杯、オールカマー結果

流れに乗れたときは、何をやってもうまくいく。
そうでないときは、何をしてもダメ。

日常生活でもよくあることですが、その「流れ」の違いが騎手にもあるように見えた神戸新聞杯。

結果的に土日の阪神で19戦10勝2着3回と荒稼ぎした武豊。
一方、再度の騎乗停止となった岩田。

その違いを見せたようなレースにも見えました。

ちなみに、今日はタテ目連発を食らうなど、流れに乗れてないことがわかった自分の馬券。
やっぱり、明後日を向いていました。

では、結果を。

阪神11R 第55回神戸新聞杯(Jpn2)(菊花賞TR)
1着 -- 14 ドリームジャーニー
2着 ▲ 13 アサクサキングス
3着 ◎ 09 ヴィクトリー
-----
12着 ○ 12 フサイチホウオー


やや速めの流れの中、最後方待機からドリームジャーニーが段違いの脚を見せて差し切る。

2着は3番手当たりで流れに乗り、直線は抜け出して粘りこんだ▲アサクサキングス。
◎ヴィクトリーは折り合いを欠く面も見せたが3着。

○フサイチホウオーは追い出してからはサッパリで、いいところなし。
春からの成長があるのかも疑われてしまうようなレース振り。

中山11R 第53回産経賞オールカマー(G2)
1着 -- 06 マツリダゴッホ
2着 -- 12 シルクネクサス
3着 -- 15 エリモハリアー
-----
6着 ◎ 01 ネヴァブション


着差はわずかながら、レース振りはマツリダゴッホの完勝。
◎ネヴァブションは何かモタモタしたレースでした。

3歳馬サンツェッペリンはいいところなし。

---------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0