小倉&唐津遠征記vol.10 寝台列車「はやぶさ・富士」の併結を見る

別のところから来た2つの列車を併結して1つの列車にする。

電車なら簡単ですが、機関車で引っ張る客車となるとそうはいきません。
(先頭の機関車が邪魔ですよね)

定期的に客車の併結が見れるのは現在たった2箇所。門司と鳥栖(佐賀県)。
列車の廃止に伴い、この3月からは門司のみに。

今回の九州遠征で使うことを検討した寝台列車。
時間や費用の兼ね合いもあってなかなか乗れないのですが、せっかく北九州まで来たんですし、手ごろな時間に到着するから見てみようと思い、列車の時間に合わせて門司まで移動。

ただ、先着した「はやぶさ」は見れず。着いたときにちょうと引き上げ線にあがっていくところでした。

ちなみにざっと書くと順序は以下のとおり
・6番線に「はやぶさ」がつく(18:49)
・一旦扉を開け閉めして、引き上げ線へ
・5番線に「富士」がつく(18:59)
画像


・「富士」を門司まで牽引してきた機関車を外し、客車だけとする
画像


・引き上げ線から5番線に「はやぶさ」をバックで入れて連結器をつなぐ
画像


・1つの列車にして発車(19:15)


最初についてから出発まで26分の大作業。

こういうのを見たい人ってそんなにいないだろうな……と思ってましたが甘かった。
完全に趣味の世界となってますが、同じ発想の人は結構いるものなんですね。

1度見てみたかったものを見て、再度JRに乗り小倉へ戻った。

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0