きさらぎ賞、ダイヤモンドS最終結論

小倉で誘導馬メイショウカイドウを見てから1週間。
月曜日が休日だったこともあり、今週は妙に早く感じました。

さて、去年は淀でライブ観戦したきさらぎ賞が明日のメイン。
かつてはスペシャルウィーク、ネオユニヴァースといったダービー馬が、昨年もアサクサキングスが通過したレースです。
今年もクラシックをにぎわせる馬が出てくるのでしょうか。

全くといっていいほど見当つかないダイヤモンドSとあわせて予想を。

京都11R 第48回きさらぎ賞(NHK賞)(JpnⅢ)
◎ 02 ブラックシェル
○ 13 アルカザン
▲ 11 レッツゴーキリシマ
△ 05 メイショウクオリア
× 03 オースミマーシャル
× 15 レインボーペガサス


画像

(写真は京都2歳S時のアルカザン)

【 短観 】
このレースの歴史を見ると、「年明けの500万下勝ち」もしくは「オープン勝ち」を求めているようだ。

それもあり、週中考察でも書いたように、唯一の年明け500万勝ちを持つブラックシェルを◎としたい。

この日のレースが7Rと8Rを当初の予定から入れ替えて施行していることもあり、当初の7日目から9日目に変更された京都2歳Sを制したアルカザンを相手筆頭に。

今年になってからは「いいとこなし」の57K出走馬。
しかし、きさらぎ賞では活躍していることもあり、レッツゴーキリシマを3番手に。

東京11R 第58回ダイヤモンドS(JpnⅢ)
◎ 08 アドマイヤモナーク
○ 01 コンラッド
▲ 11 マンハッタンスカイ
△ 12 エフティイカロス
× 06 ミストラルクルーズ


【 短観 】
こちらも当初の予定から未勝利を1つ減らし、新馬戦を増設した変更が行われている。
そういった「買ったことのない馬たち」向けの変更が行われた昨年9月の開催を見ると、ハンデ重賞では前走を勝った馬が勝っている。

今年の出走馬では3頭いるが、格上の日経新春杯を勝ったアドマイヤモナークから入りたい。

気になるのはこのレースでやたら出番が来る「前走1600万負け」
これに当てはまる2頭が綺麗に7枠に入った。

オッズ次第だが、7枠からの枠連も押さえてみたい。

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0