京都の旅vol.10 旅の終わりにどうでもいいような話を。

日曜の午後を天皇賞観戦で過ごした京都競馬場を後にして、京阪、近鉄と乗り継ぎ京都駅へ。

そしていつもどおりにJRの窓口で2520円の在来線の切符を、八条口でお土産をそれぞれ買い、空腹を満たしてから帰り道につくことに。

今回も新快速の乗り継ぎで帰ります。

前回のことがあったし、京都から座れるわけがないと思っていた。
そのため、疲労度などによるが座って帰りたかったら米原で30分(大垣で15分)待てばいい……と思っていた。

(新快速の所要時間は京都→米原が約50分、米原→名古屋が約60分。)

早めに改札を通り、ホームで草津までしか行かない新快速を見過ごし、乗り込んだのは京都18時00分発の新快速。

そしたら、なんと目の前が空いてました(!)。
これでゆったり寝ながら帰れます。

おまけに米原からも座れたので、のんびりと帰ることに成功しましたが、やっぱり時間帯かな……。
(12両編成の新快速に乗ると、米原では前から5両目の一番前の扉が階段の目の前です)

さて、今回ですが、予想以上に暑くなったのがきつかったですね。
家に帰って腕を見たら真っ赤に日焼けしてました。
GWで真夏日連発をやられたらどうしようもありません。

おまけに前日の夜にフル充電していたにもかかわらず、PATを使っていたこともあったせいか、当日の夕方にはケータイが電池切れする始末。

こういうときに限って、プチ充電ができる充電器を持ってきていないんですよね……。
「必要なときに限って、ない」。お約束ですけど……

挙句の果てに競馬場に行く途中にライターを落としてしまい、競馬場内では真剣にライターの売り場を探してました。
(煙草の自販機の所に売ってましたね(汗)。)


それともう1つ。
今回は初日に嵐山などの洛西を、2日目の前半に洛東を回りましたが、寺社拝観が重なると出費もバカになりませんし、初めて行った所が少なかったこともあり、新鮮さを欠いていたのも事実。

前々回の紅葉、前回の桜といったアクセントがあるかないかでも変わってきます。

ただ、宿泊地の大津は収穫あり。
京都へも三条へも出やすいので便利ですし、ここは使えます。

次回の京都遠征は11月の連休。
そのときは「紅葉×競馬観戦(マイルCS)」という昨年と同じパターン。
紅葉をどこで見るかもほぼ決まってますので、ある程度の時期になったらさっさと宿泊先を押さえておく予定です。

旅行記は今回で終わりですが、番外編がここから続きます。
中身は食べ物&土産物について。
本体よりもこちらのほうを楽しみにしている人がいるかも(汗)。

本編に長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後に、帰りの快速に乗る前に立ち寄った京都駅八条口「麺所あしかり」の「はなばな膳」。
これで1000円ならいいでしょ……。
(贅沢を言うならもう少しうどんの麺が太いとよかったんですが……)

画像

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 旅行ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0